文字サイズ

浅田真央は7シーズンぶり海外GP2戦

浅田真央
1枚拡大

 国際スケート連盟(ISU)は1日、米ニューヨークで行われた会議で今季のグランプリ(GP)シリーズ全6大会の出場選手を決定した。

 女子の元世界女王で、18年平昌五輪を目指す浅田真央(25)=中京大=は第1戦のスケートアメリカ(10月21日開幕・シカゴ)と、第4戦のフランス杯(11月11日開幕・パリ)に出場することが決まった。真央にとっては7シーズンぶりとなる海外GP2戦となる。

 GP初戦のスケートアメリカでは、地元勢で昨年の世界選手権銀メダリストのワグナー(米国)、同4位のゴールド(米国)が難敵。フランス杯では現世界女王のメドベージェワ(ロシア)と激突する。

 GPシリーズ2戦の合計ポイントの上位6選手が、12月のGPファイナル(仏・マルセイユ)に出場する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス