文字サイズ

羽生結弦 4回転ループへの挑戦に意欲

 会見で今シーズンを振り返る羽生結弦      
1枚拡大

 来年3月に開幕するフィギュアスケートの世界選手権(米ボストン)出場が決定した日本代表選手が28日、札幌市内で会見した。男子の羽生結弦(21)=ANA=は、2年ぶりの優勝を目指し、現在習得中の4回転ループを構成に組み込む可能性を示唆。国際連盟公認大会ではまだ誰も成功していない大技で、世界王座奪還を狙う。

 久々にミスの出た全日本での自らへの怒りと、あくなき進化への欲求が、史上初となるジャンプへの挑戦を口にさせた。王座奪還の期待が懸かる世界選手権に向けて意気込みを問われると、羽生は「4回転ジャンプの種類をもっと増やすべきだと思ってる。3月までもっと練習していきたい」と、現在、習得を目指している4回転ループに挑む可能性を示唆した。

 4回転ループはこれまで国際連盟公認大会では誰も決めたことがなく、基礎点12・00点は、現在、羽生が構成に組み込んでいるトーループ(10・30点)、サルコー(10・50点)よりも上だ。

 すでに練習やエキシビションでは何度か成功。完全習得できれば、GPファイナルでマークした世界最高得点330・43点を超える、さらなる異次元スコアも十分狙える。

 代表選手の中で唯一、2月の四大陸選手権出場を回避。練習に集中し「もっともっと自分の演技の幅、技術を高めていきたい」と、スケーターとしての究極を追求する。

 計3度の転倒があった全日本後には「悔しいです。メラメラです。煮えたぎってます」と話した。この日のエキシビション後には「自分の限界を超えていきたい」と改めて誓った。燃えたぎる闘争心が、“前人未跳”の神技を可能にする。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス