文字サイズ

ラグビー協会謝罪…完売なのに空席

 当日券がない状態にも関わらず、一部スタンドは空席のまま
1枚拡大

 「ラグビー・トップリーグ、パナソニック38-5サントリー」(13日、秩父宮ラグビー場)

 開幕戦1試合が行われ、3連覇を目指すパナソニックが、W杯イングランド大会日本代表WTB山田章仁(30)の2トライなどでサントリーを38-5で下した。パナソニックのフッカー堀江翔太、サントリーFB松島幸太朗ら、W杯代表が名を連ねた中、入場券は完売。W杯の盛り上がりを受けて開場前から1905人が列を作った。14日は五郎丸歩のヤマハ発動機がトヨタ自動車と対戦。シーズンは1回戦総当たりのリーグ戦の後、決勝トーナメントが行われ、来年1月24日に優勝チームが決まる。

 空前のラグビーブームに沸く中、開幕戦で珍現象が起きた。試合はパナソニックが快勝。W杯でも活躍した山田が2トライを決め「初心者にもわかりやすいポジションなので責任を感じている。楽しいラグビーを魅せたい」と胸を張った。

 もっとも、大失態も生じた。前売り券は完売で、開場前には1905人ものファンが長い列をつくったものの、結果的に観衆は昨年の開幕戦を下回る1万792人。当日券が出なかったにもかかわらず、ふたを開けてみればゴール裏、バックスタンドの両サイドに空席が目立った。

 日本協会は終了後、見込み違いに関して謝罪会見を開き、回数券などによる入場者数を多く見積もったことが原因と説明した。約2万席のうち、両チーム関係者分9000人、そのほかで6000人の来場を見込み、一般販売分は5000枚で完売としたものの、実際には1万席近くが空席となった。

 協会はホームページに謝罪文を掲載。原因を調査する考えを示した。小西事務局長は「見込みが甘かった。選手がW杯でつくってくれたブームにおごっちゃったということ。再発防止に努める」と頭を下げた。

 日本代表でパナソニックのSH田中は「われわれも全力でプレーしているので、協会も全力でやってもらわないとブームで終わってしまう」と、強い口調で危機感を募らせた。主将のHO堀江は「今シーズン、どれだけ盛り上がるかが(人気の)カギになる。選手は毎試合楽しい試合をするだけ」と話した。

 人気定着へ、選手だけでなく、協会もがっちりとスクラムを組まなければならない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス