文字サイズ

八木かなえV「憧れの先輩」三宅超え

 三宅宏実(左)を破り優勝を果たした八木かなえ(中央)
1枚拡大

 「重量挙げ、全日本選手権」(12日、いわき市立総合体育館)

 女子53キロ級でロンドン五輪代表の八木かなえ(22)=ALSOK=が、スナッチ81キロ、ジャーク110キロのトータル191キロで3年ぶり2回目の優勝を果たした。同五輪48キロ級銀メダルの三宅宏実(いちご)は1キロ及ばず2位だった。

 八木がついに憧れの人を破った。上げれば優勝が決まるジャークの3本目。「集中して力が出せた」と成功の合図を聞き、白い歯がこぼれた。「高校生の頃からずっと追いかけてきた憧れの先輩」の三宅を1キロ上回り、初めて勝った。喜びをかみしめながら表彰台のてっぺんに上った。

 万全ではなかった。練習で好調だったが、5月に腰痛を発症。この日もスナッチの1本目で失敗し、横山コーチも「ボロボロでどうなるかと思った」と話したが、ジャークで持ち味を爆発させた。

 今春からALSOKに入社し、初の大会。「プレッシャーがあった」と話すが、「今まではコーチに怒られてしょぼんとしていたけど、会社の人が励ましてくれて切り替えられた」と、“社会人効果”も後押しした。

 三宅超えを果たしたが、「2人とも調子はよくなかったし、ベストは三宅さんの方が上」と冷静に分析。11月の世界選手権、さらに来年リオデジャネイロ五輪に照準を合わせ、名実ともに日本のエースに成長する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス