文字サイズ

北島メドレーリレー繰り上がり銅に興奮

 「水泳世界選手権・最終日」(4日、バルセロナ)

 400メートルメドレーリレーの男子(入江、北島、藤井、塩浦)は4番手でゴールし、米国の失格で繰り上がって銅メダルを得た。

 男子400メートルメドレーリレーで、日本に銅メダルが転がり込んだ。圧倒的な速さで優勝を勝ち取ったかにみえた米国が、第1泳者から第2泳者への引き継ぎ違反で失格になった。北島は「これがリレーの面白さ」と興奮を隠さなかった。今大会の個人種目で不振。しかし、研究熱心な藤井や好調な塩浦がチームの雰囲気を変えた。「後輩たちに背中を押されて頑張れた。どの世界大会よりも思い出深い大会になった」と感慨に浸った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス