文字サイズ

本ガツオ好釣

 やったー!釣れた~!デカい!大田区の柏倉さんが釣った4キロ前後の本ガツオ!
1枚拡大

 【出漁ルポ・岩見忠弘】引きはギューン!脂はノリノリ!!本ガツオ好釣 葉山「愛正丸」=デイリースポーツ紙指定船宿

 今年の相模湾は、今のところキハダマグロより本ガツオが好調だ!脂乗り乗りの戻りガツオを追って、デイリースポーツ紙指定船宿の葉山「愛正丸」から6時に出船した。

 コマセの速まき肝心

 前日までのうねりがやや残っていたが、まずまずのなぎに恵まれた。釣り場は意外にも近く江の島が間近に見える場所だった。

 「はいどうぞ、上から20メートル」という佐伯鶴三船長の合図でこの日は始まった。

 オモリ80~120号の片テンのコマセ釣り。竿やリールは本ガツオやマグロ対応のものを。ミチイトはPE8~12号200メートル以上。丈夫なテンビンを使い、クッションゴムは不使用。ハリスは本ガツオ・キメジ狙いならフロロ16~18号2~3メートル、ハリはヒラマサ13~14号など。つけエサ・コマセともオキアミ。

 とにかくできる限り誰よりも速くコマセを撒(ま)くこと。この釣りのコツはこのひと言に尽きると言っても過言ではない。だからコマセカゴのオモリは、できれば80号より100号を使い、タナが深いときは120号を使いたい。

 ハリスが2メートルなら指示ダナの下2メートルまでコマセカゴを下ろし、コマセを撒きながら2メートル巻き上げて静かにアタリを待つ。サカナの活性が高いときは10秒以内にアタリが来る!竿先にゴツゴツッという前アタリ!続いてギューンッと竿をひん曲げる本アタリ!ここで竿を立てて巻き始めるのだが、リールのドラグは強烈なファースト・ランでミチイトが出される程度に調節しておこう。引っ張りっこになったらバレてしまう。

 サカナの頭をこっちに向けたら巻いて巻いて巻きまくって、コマセカゴを回収、ハリスを手繰り、タモですくってもらう。

 「やったー!4キロ近い本ガツオだ!」

 本ガツオは現在3~4キロサイズが中心。いい引きするし、丸々太っていて脂乗りも抜群!

 この日は2~4・2キロの本ガツオが1~10匹の大漁!その後もトップ10匹以上の日が続出!キメジやキハダの模様もよくなってきている。絶好の本ガツオ・キハダ釣りに出掛けよう。

 ☆ネット情報 葉山港 愛正丸 http://www.gyo.ne.jp/aisho/

 佐伯鶴三船長「このところ、本ガツオのデカいナブラが多く見られます。たびたびダブルやトリプルでヒットする高活性のナブラです。初心者もベテランも今がチャンス!ご予約お待ちしております」

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス