文字サイズ

サワラ到来!!

 白井市の山田千幸さんが釣り上げた、85センチ、4.2キロのサワラ (切り込み写真)この日使用したジグ。重さは100~150グラム
1枚拡大

 【出漁ルポ・千葉朗】 波崎「征海丸」(デイリースポーツ指定船宿)

 もうすぐ春ですね~ジグで誘ってみませんか♪

 魚偏に春でサワラだから、サワラは春の魚に違いない。西に多い魚だが、関東ではジギングで顔を出す。波崎の本紙指定船宿「征海丸」では、今月に入ってサワラの数が出始めた。早速乗船、ところが、サワラやカンパチは出たものの、予想外の苦戦となってしまった。

 ◆2投目、大型ホウボウでスタート 利根川河口・波崎港の「征海丸」の桟橋に午前4時集合。4時半過ぎに出船。まだ暗い海を南西に走る。2時間近く走って、ようやく明るくなってきた。海鳥が上空高く飛んでいる。イワシの群れを探しているのだろうか、なんだかちょっと嫌な予感がした。沖に出ると、結構風が強くウネリも高い。そして何より風が冷たい。まだ朝早い、気温は氷点下に違いない。

 ホウボウ、カンパチも!!

 さらにしばらく走ってようやく船が止まり、第1投。水深60メートル。2投目に私のジグにヒット。結構重量感のある引きで、巻き上げてくると大型のホウボウだった。50センチ近い、丸々と太った重量級のホウボウだ。

 船は魚の群れを追い掛けて再び走る。ちょっとした群れを見つけると、ジグをキャスト。船中ではイナダがヒット。私にも1・5キロ級のカンパチがヒット、強烈にロッドを絞り込んだ。しかし、なかなか後が続かない。鳥山が見当たらず、大きな群れが見つからない。

 堂々85センチ、4・2キロ サワラ到来!!

 ◆本命サワラが浮上! ともあれ魚の群れを追って走り回る。そして9時過ぎ、トモでジグをキャストしていた山田さんのロッドが満月に絞り込まれた。強烈な引きに、ロッドがガクガクと震え、しばしばラインが走って出ていく。何度かやりとりしながら、ようやく青白い大きく長い魚体が浮上、タモに納まった。85センチ、4・2キロ。見事なサワラだった。

 これこれ、このサワラが釣りたかった。前日も征海丸では7キロを頭にサワラが船中10匹以上。小ぶりのサゴシ(サワラの幼名)は数釣りになっていた。サワラが1匹出て、期待を持ってキャストにも熱が入ったが、この日は厳しい釣り。カンパチとイナダが何匹か出たものの、本命のサワラは、それきり姿を見せずに納竿となってしまった。

 ▽征海丸=TEL0479・44・4757。

 征海丸・須之内哲也船長「サワラはムラのある魚で、出たり出なかったり。ただ、この日は全く鳥山が見えず、こんな日は珍しい。5キロ近いワラサはコンスタントに数が出ていて、ヒラマサも顔をだします。この日のようなことはめったにないことで、サワラも含め、誰でも大物のビッグファイトを楽しめる釣りです」

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス