文字サイズ

ヤリイカ開幕ダッシュ

 ヤリイカの乗り順調
1枚拡大

 【出漁ルポ・千葉朗】 ヤリイカ開幕ダッシュ

 型良し!乗り順調!

 南房の千田沖でヤリイカが好シーズンに入った。ヤリイカは近年不安定な状況が続いているが、今年は、開始早々のこの時期としては型も良く、乗りも順調。

 イカが釣れたら即泳がせで大物狙いも

 さらには、ヤリイカの泳がせで、5キロの大ダイも上がった。イカもいいが、タイ狙いも捨て難い、魅力一杯の千田「第一かどや丸」に乗り込んだ。

 ◆シケ模様のなか、いきなり3杯 南房・千田港に午前6時集合。デイリースポーツ指定船宿「第一かどや丸」に乗り込んだ。人気のヤリイカ釣りの開幕とあって、釣り人も多く、ほぼ満席。出船すると、海はやや荒れ模様。40分ほど走ってポイントに到着。水深は180メートル。イカ角は11センチ、私はブランコで7本仕掛け。オモリ120号で、ヤリイカのタナは、ほぼ底。

 仕掛けを底まで落とし、糸ふけを取って、さらに2、3メートル巻き上げてシャクリながら乗りを誘う。グンッと竿先を抑え込むような魚信。そのまま竿先を上げていると、ググンググンッと明らかな手応え。リールを巻くと、ギューンと重量感で竿が満月にしなった。

 40センチクラス多い

 水深180メートル、電動で巻き上げるが、イカが身切れしないように、ゆっくり慎重に上げる。ようやく仕掛けを手にして、イカ角をたぐると、まず小ぶりのスルメイカが1杯、そして、ヤリイカが2杯乗っていた。シケ気味で波が高く、少々釣りにくかったが、サバなどの邪魔もなく、ヤリイカはポイントを流すたびに乗り、型も40センチクラスが多く、この時期としては型も良く乗りも順調だ。

 大ダイビックリ73センチ浮上

 ◆180メートルの底から大ダイ浮上! 10時頃になって、ようやく海が凪(な)いできた。そして気が付くと、右舷胴の間の岩下さんの竿が満月に絞り込まれ、何度も大きく突っ込まれている。船中の皆が注目。ヤリイカを活き餌に、底から8メートルほどのタナでの泳がせ釣りに来たらしい。

 「メダイだよ」と船長。なにしろ水深180メートルという深場、マダイ狙いには深すぎる。皆ももっぱら「メダイだろう」という意見。ところが上がってきたのはマダイ。それも73センチ、5キロの大ダイだ。皆も、深場からの大ダイの浮上にビックリ。「イカを追い掛けて深場に入ったんだな」と船長。

 千田沖は、大ダイがよく出る。イカ釣りも楽しいが、イカが釣れたら即泳がせで大ダイ狙いという人も多い。正午納竿。ヤリイカは10~20杯といった釣果。型が良くなるこれからが楽しみだ。そして泳がせの大ダイ狙い。次はぜひとも狙ってみたい。

 ▽千田「第一かどや丸」=TEL0470・43・1432。

 イカ順調で大ダイも期待

 千田「第一かどや丸」的場良明船長「ヤリイカは、出だしとすれば順調といっても良さそうです。うちのお客さんは大ダイを狙う人も多い。6キロ、7キロとまだまだ大きいのが釣れます。春まで楽しい釣りができると思います」

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス