文字サイズ

ヒラメ 数釣り連発

 小ぶりが多かったが、魚影は濃く、ヒラメの食いは活発
1枚拡大

 【出漁ルポ・千葉朗】 鹿嶋「利喜丸」(デイリースポーツ指定船宿)

 鹿嶋沖全面解禁!年末は大判期待

 11月に部分解禁となって開幕した鹿嶋沖のヒラメだが、12月には全面解禁で広範囲を探れるようになり、連日規定数10匹の数釣りが続いている。早速デイリースポーツ指定船宿・鹿嶋の「利喜丸」に乗り込んだ。穏やかな海で、早々にヒラメが連発、数釣りを楽しんだ。

 ◆食い活発、魚影濃い 5時過ぎ、鹿島港を出船すると、まだ薄暗い海上は穏やかだ。小一時間走って釣り場に着く。前回は、風がなく、船が流れずナギ倒れになってしまった。今日は、少しは風がある、ゆるゆるとでもいいから流れてくれればいい。

 水深30メートル前後。活きイワシをハリに刺し、底まで落とす。オモリは80号。根掛かりはほとんどないが、50センチほど底を切ってアタリを待つ。不安はすぐに解消された。仕掛けを落とすと、じきにググンググンッと当たり。

 しばらく待って、竿が絞り込まれたところで、竿を立てると、ギュギューンッと強烈な引き、後は魚の引きに合わせてゆっくり巻き上げればいい。タモに入ったのは1キロ級のまずまずのヒラメ。その後も、流しを変えるたびに、ポツポツ当たり、ヒラメをゲット。

 ◆慌てず、食い込ませて数 ヒラメ釣りは、アワセのタイミングを外してバラすことがある。早合わせは禁物だが、「バラした!」と思ったら、すぐにそのまま、仕掛けを下ろしてみると、すぐに食いついてくることがある。

 魚影が濃い!!規定数到達もあるぞ

 当たっていても、食い込みが悪い場合は、聞き上げてくると、食い込む場合もある。底から10メートル以上追い駆けて来ることもある。バラシが多い場合には、少し工夫をしてみるといい。鹿嶋沖は、全面解禁で広く探れるようになり、ヒラメの魚影は濃い。ヒラメは順調に釣れ続け、ハタやマダコ、イナダなど外道もポツリポツリと顔を出す。

 ヒラメの型はやや小ぶりが多いが、食いは活発で、釣果を伸ばしていたが、9時過ぎくらいから風が強くなり、船の流され方が速くなって、仕掛けが底に着きにくくなってしまった。ヒラメが掛かると、潮に引っ張られて、どれも大物か?と思える引きになり、バラシも多くなってしまった。

 11時、風がますます強くなって少し早揚がり。ヒラメは、規定数の10匹には届かなかったが7匹が3人、平均5匹前後で数がそろった。

 ▽利喜丸=TEL0299・82・5762。

 利喜丸・大川紘嗣船長「船が流れればアタリも多く、時間までやれれば規定数の10匹は楽に到達できると思います。今年もヒラメの魚影は濃く、数が出れば大判も十分期待できるんですが、今日は出ませんでした。大判も、まだまだいるはずなので、ぜひ狙いに来ていただければと思います」

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス