文字サイズ

お手軽!海釣り施設

 「スズキも釣れてます!」とは、同施設の副所長を務める山本秀治さん
1枚拡大

 【My リポート・時田眞吉】千葉県・市原市「オリジナルメーカー海釣り公園」

 お手軽!!海釣り施設でクロダイ狙い!!

 海釣り施設とは、釣り人のために人工的に造られた釣り場、もしくは開放されている釣り場のこと。快適に釣りができるように造られた施設であるから、だれでも安全に釣りが楽しめる設備が整っている上、トイレや駐車場をはじめ、売店や軽食堂なども併設されている所もある。半面、初心者向けの釣り場で釣れない…とのイメージが強いのか、ある程度釣りなれてくると敬遠してしまう釣り人も多い。しかし、そんなことはないのだ!

 以前、そんな海釣り施設の一つである千葉県市原市、養老川の河口近くに造られた「オリジナルメーカー海釣り公園」へとサヨリの取材で訪れた際に目撃したのが、コマセカゴを使用したウキ釣りで、クロダイをゲットしている釣り人たちの姿だ。

 横浜の本牧海づり施設やいそご海づり施設などでは、コマセ(オキアミは禁止)をヒシャクで撒(ま)くウキフカセ釣りが楽しめるものの、オリジナルメーカー海釣り公園ではコマセを撒く行為(ダンゴ釣り含む)が禁止されている。

 そこで考案(?)されたのが、小さなコマセカゴをセットし、ウキで流しながら釣る方法。タックルは一般的なウキフカセ釣り用で十分なのだが、道糸とハリスの間に小さなコマセカゴをセットするだけ。付けエサはオキアミでOKだ。

 沖へ突き出た釣り桟橋の左右の先端や、渡り桟橋下など、潮の通しが良くウキを十分に流せる所がポイント。詳しくは、同施設の副所長を務める山本秀治さんに聞くのが一番。山本さん自身、クロダイやメジナなどウキフカセ釣りを中心に海の陸(おか)っぱりフィッシング全般に精通するベテラン釣り師で、同施設が行っている釣り教室の講師としても活躍している。

 11月下旬現在、50センチ級の釣果も記録されており、ヘチ釣りながら60センチも出たというので狙い目だ。

 ▽問い合わせ=管理事務所TEL0436・21・0419。

(写真説明)渡り桟橋の下で釣っていた方に45センチがヒット!

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス