文字サイズ

イワナラストスパート

 放流はなされていないので、釣れるイワナはネイティブだ
1枚拡大

 【My リポート・時田眞吉】新潟県上越市・柴谷川

 イワナ釣りラストスパートだ!!

 新潟県の直江津から近い名立町で日本海に流れ込む名立川はイワナがよく釣れる渓(たに)である。本命ポイントは、東飛山の集落上流にある取水堰堤(えんてい)から上だ。下流域に水が少なくても、ここから上流にはたくさん流れているのが普通で、水も澄んでくる。

 しかし、急峻(きゅうしゅん)な流れはちょっとした降雨で泥濁りが入ることも多く、そんなときは、支流の柴谷川へ入るとよい。ここは紫雲谷とも呼ばれ、名立川では最もイワナが濃く、降雨後でも水も澄んでいるはずだ。

 釣り場は本流との出合いからすぐに始まる。好ポイントがあるものの、すぐに堰堤に阻まれ、いったん上がらなければならない。本格的にはこの堰堤の上流から入渓したほうがよいだろう。

 本流を渡ると右に、堰堤工事に使った道の跡があるので、これを利用して堰堤上に出る。ここからもうひとつ上の大堰堤までは距離が短いが、魚影は濃い。川虫も採取できるので取っておきたい。オニチョロをメインに、初夏になればヒラタカゲロウも取れる。しかし、禁漁間近では手にできないため、キジ(ミミズ)やブドウ虫などがメイン。

 大堰堤までは落差も少なく、ビギナー向きのポイントが続く。落ち込みや水深のやや深いポイントを中心に探ると、中小型主体で釣れるだろう。もちろん尺イワナの実績もある。堰堤を越えると、しばらくは土砂で埋まった平たんな流れだが、やがて川が右にカーブするあたりから落差が大きくなる。このへんからイワナの型もよくなるが、日によってやや釣果にムラが出ることもある。

 この渓を管理している漁協はないため、魚はほぼ天然と考えてよく、解禁は新潟県の内水面漁業規則に従い9月30日までなので、釣行はお早めに。

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス