文字サイズ

“ツ抜け”も期待

 魚影濃く迫力ある釣りが期待できる峰谷川
1枚拡大

 【My リポート・夏木盛太、鈴木健之、内山静、森田昌宏 】東京・奥多摩湖水系

 台風5号の影響でチャンス拡大!!

 奥多摩湖は小河内ダムの湖名で周囲約26キロ、貯水量1億8600万トン、最深部は150メートルと巨大で、都民の生活水と発電に貢献している。

 しかしヘラブナ釣りとなると広大過ぎ、舟釣りも禁止とあって、産卵で魚が接岸する乗っ込み期以外は期待できない。狙えるのは湖の水源である峰谷川、丹波川、小菅川の3河川。ここも全体が渓谷状で水辺まで容易ではないが、その分、自然界と対峙(たいじ)する形となり野釣り派、特にアドベンチャー派にとっては“聖地”のような存在になっている。

 夏季は乗っ込み期に次ぐ盛期。本湖が照り込むことから涼を求めてそ上する魚が多い。むろん釣果にはムラがあるが、うまく回遊に当たると“ツ抜け”も期待できる。特に今年は台風5号の影響で、水量が増しチャンスは拡大している。

 峰谷川(みねだにがわ)

 JR奥多摩駅から最も近い。初旬はやや水位が低かったが、台風の雨量で回復、学校下周辺から本湖への吐き出し口まで狙える。特に学校下のワンド状一帯の魚影が濃い。上流側は岸辺からやや遠浅なので長竿ほど有利で、下流北側は16尺程度から勝負になる。いずれも道路上からは崖下になり入釣口が分かりにくいが、ガードレールの外側を見て歩くと、草木の間に釣道が散見できる。南岸は地元の人以外は危険を伴うので避けたほうがいい。

 丹波川(たばがわ)

 ポイントは本湖から約3・5キロ上流の諸畑橋付近まで。特に同橋南岸の民家下はドン深で超大型の出現率が高い。ただ21尺以上の長竿が必要。中流の鴨沢、留浦、ドラムカン桟橋付近は平均してアタリがあり、ムラは少ない。台風前だが鴨沢の橋下寄りで35センチ前後の“ツ抜け”があった。

 小菅川(こすげがわ)

 三頭橋下から北岸約500メートルが主舞台。大型一発に懸けるなら桜並木先のカーブ下。ドン深で釣趣に富む。橋寄りは大きな岩の左右に実積がある。ただ、ジャミ(小魚)も多い。道路から水辺まで草木の障害物こそないが、50メートル近い斜面はきつい。

 3河川とも流速はダムの開閉次第だが、強い流れが出ることは少ない。従ってドボン釣りが基本でも、底を切った釣りも試してみたい。道糸白の1・25号、ハリス0・6号。魚弾と評される強引きも透明度が高いのでラインは抑える。エサはグルテンセットを主軸に展開で判断。釣道が厳しいので荷物は最小限にとどめ、気温の落差があるので薄着は禁物。

 〈ガイド〉▽入漁料=無料(ミニ釣り台、長靴必携)▽交通=3河川とも青梅線・奥多摩駅から西東京バス利用。

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス