文字サイズ

スルメイカ爆釣気配

 数釣りとまでいかなかったが、良型の2連、3連もあった
1枚拡大

 【出漁ルポ・千葉朗】デイリースポーツ指定船宿「第一かどや丸」

 南房千田沖でスルメイカが釣れている。先日は束釣り(100杯超え)という爆釣も出て、絶好のシーズンに入った。そこで、早速デイリースポーツ指定船宿「第一かどや丸」に乗り込んだ。

 この日は台風の影響で、千田港ではなく、千倉港からの出船。桟橋に午前5時に集合して乗り込み、ウネリが残る中での出船。ここのイカ釣りは、釣り場が近いのがうれしい。20分ほどでそのポイントに着く。水深は150メートル前後。オモリはイカ釣りとしては比較的軽い120号。シャクリ続ける必要のあるイカ釣りではオモリは少しでも軽い方がありがたい。角は14~18センチ。

 ウネリの中、乗り活発

 乗りは、どちらでもさほど変わらないが、角は長い方が扱いが楽だ。直結仕掛けの方がトラブルは少ないが、この日はウネリがあるので、バラシの少ないブランコ仕掛け、角数も5本と控えめの仕掛けを使った。仕掛けを落として、2、3度しゃくり上げると、すぐにギュギューンと竿がしなり、ズッシリとした重量感。スルメ釣りは、この重量感がたまらない。少し手巻きで巻き上げ、イカの乗りを確かめて、あとは電動で巻き上げる。

 スルメは、ヤリイカより丈夫で、身切れも少ないので、多少速めのスピードで巻き上げても、バラす心配が少ない。胴長25センチ前後のスルメが2杯付いてきた。その後も、イカの乗りは悪くなかったが、イカ釣りに不慣れな釣り仲間を4人も連れてきてしまったので、オマツリなどトラブルが連発。ウネリで揺れる船の中で右往左往、なかなかイカ釣りに専念できない。

 潮が速くなり苦戦

 それでも9時ごろまでは、ポツポツイカを拾えたが、今度はだんだん潮が速くなって、仕掛けが、船の下に深く入ってしまう状態で、非常に釣りにくくなってしまった。サバの猛攻こそ少なかったが、さまざまなトラブルに見舞われて、なんとかツ抜け(10杯超え)はしたものの、もうひとつ数を伸ばせずに11時半の納竿になってしまった。

 スルメイカ爆釣の気配!!30センチ前後の良型も

 もっとも、条件さえそろえば爆釣の気配は十分に感じた。スルメイカは徐々に大きくなり始めて、30センチ前後の良型も交じる。1杯でも十分な重量感だが、2杯、3杯と乗ればたまらない重量感が楽しめる。もちろん、穏やかな日に、角数を多くしてチャレンジすれば、5杯、6杯と良型のイカが乗って、爆釣が楽しめるに違いない。

 この夏、千田沖のスルメ釣りで、大汗をかくのもよさそうだ。

 ▽千田「第一かどや丸」=TEL0470・43・1432

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス