文字サイズ

釣女ちゃこ 関東釣行

 胸ビレを広げて上がってくるホウボウ
1枚拡大

 釣ってうれしい、食べておいしい魚を狙い撃ち 茨城・波崎港「征海丸」(デイリースポーツ指定船宿)

 “関西釣りガール”釣女ちゃこ

 デイリースポーツ読者のみなさん、はじめまして!関西からやってきました釣女ちゃこです。桜が散り始めた4月中旬、ホウボウを狙って関東釣行に行ってきました。お世話になったのは茨城県波崎港の征海丸さん(デイリースポーツ指定船宿)。なんと、あの釣れたらうれしくて、美しく、そしておいしい魚を、この季節だけ専門で狙える釣り船なのです。全国でも珍しい、ホウボウ専門船は聞いたことがなくびっくり!冬から春にかけて、季節限定で釣らせてくれるようです。

 午前4時集合、風が強く吹いていて少し心配だけど、心を躍らせながら集合場所へ。関西では数少ない大きな船に舞い上がってしまいました。同船のお客さんにごあいさつして、いざ出船。ポイントまでは約1時間。陸が遠くに見える沖までやって来ました。水深は約60メートル。朝一の時合いは逃したくない!でもちょっと待てよ。ホウボウの釣り方って知らへんなぁ。ジギングとは聞いていたけど…。いつもは外道で釣れる程度なので、詳しい釣り方が分かりません。どんなコツがいるの?朝一が時合いなの?本当にジグだけで釣れるの???

 船長の合図でスタート。とりあえず同船のお客さんたちの釣り方をまねします。ジグを底まで落とし、大きく3~5メートルほどをスローでしゃくり上げながら、底を重点的に探ってみます。すると周りの人たちが釣れ始めました。何が違うんだろう?と思ったその時、私にもHIT!確かなアタリと、巻き上げるとグングンっと引っ張る引きに大興奮です。あと5メートル。見えてきました!水面に現れたのは、コバルトブルーの胸ビレをいっぱいに広げた本命のホウボウ。慎重に船内へ引っ張りあげる姿は青い空を飛ぶ、華麗な鳥のよう。

 「空飛ぶホウボウやー」。思わず叫んでしまいました。少しかわいいサイズではありましたが、初めてのホウボウに感動と喜びを感じました。さぁ2匹目!といきたいところでしたが続きません。でも、少し離れた場所のお客さんたちは次々と釣り上げます。うむー何でなんやろか?同じ動きをまねしてるんやけどなあ…。それなら一番釣れてる人のまねをしよう!と、場所を移動させていただきました。

 右舷トモに立っている釣り姿がステキで、脚の長いお兄さんの近くに入れてもらいました。そして、しゃくりをまねしましたが、釣れません。何が違うんだろう?と頭を悩ませます。ジグの色?しゃくり方?狙うタナ?それとも脚の長さ?(笑)いろいろ考え、ジグのカラーをグレー系からオレンジ系にチェンジ。さらに、それまで底を重点に探っていたタナを、少し上(底から7メートル、リール約10回転)まで上げてみました。

 特大50センチも

 すると潮が動き始めていたのか、フォールで糸ふけが出た!?すぐに合わせを入れると、HIT!!グングン引っ張るような引き。興奮しながら巻き上げると、上がってきたのはなんと、50センチオーバーのホウボウ!!すごく大きい!!見たことのないサイズにびっくり、そしてうれしい!釣りごたえと、一人だけ釣れなかったさみしさから脱した感動をかみしめ、すぐにジグを下ろすと釣れた!また釣れた!と連発。終わってみれば、船中2番目、15匹の釣果に大満足の釣行となりました。

 大満足15匹!!やさしい船のみなさんに感謝です

 港へ戻ると、春風に当たり少し冷えた体を、女将さんが作ったうどんとおにぎりが温めてくれます。あー、銚子まで来てよかった!脚の長く、釣り座を譲ってくれたお兄さんありがとう。そして同船のみなさん、船長たちに感謝です。一気に抜き上げると、まるで空を飛んでいるようです。

 征海丸・須之内哲也船長「例年、ホウボウは1月下旬頃から釣れ始め、ゴールデンウイーク頃まで釣れます。ジギング、餌釣りの両方で狙えます。ゴールデンウイークからはヒラマサ、ワラサなどの青物とマダイ、カツオも釣れ始めます。詳しい釣果情報は、ホームページ(www.chourakuen.com)でお確かめください」

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス