文字サイズ

キンメ大漁 竿頭31匹

 良型キンメ31匹の好釣果で竿頭になった河原崎さん
1枚拡大

 【船宿直送便】宇佐美「嘉丸」(デイリー指定船宿)

 キンメ大漁!!竿頭は31匹で大満足

 南沖でライトタックルのキンメダイ釣りが好調をキープ。静岡県伊東市宇佐美港の嘉丸(よしまる)では、30~38センチの良型を中心に40~50センチの大型も交じる。大高嘉晴船長は「キンメダイは食べても1年中うまくて人気があります。常連さんで今まで深場の釣りはやらなかった人も、貸し道具を使ってキンメダイ釣りを始める人もいます」という。

 6日は午前4時過ぎに出船、南沖へ。規則で、4~5月は午前5時半に釣りスタート。水深320メートル前後でキンメダイを狙った。オモリ300号、市販の胴突き仕掛けで6本バリから、規則で最大10本バリまで。エサは船宿からイカの切り身を支給。サバの切り身を持参する人もいる。

 タナは下から3~4メートル上げる。釣り始めてまもなくアタリがあり、多い時は10本バリに6、7匹掛かる人もいたようだ。船長は「最初に掛かったキンメダイが、上のハリに来たのか下のハリか、見極めれば数が伸びます。あたったら、そのままにしておくのではなくタナ取りを何回かするように」とアドバイスする。30~38センチの良型キンメダイが23~31匹釣れてお土産になり、希望で9時半の沖揚がり。静岡県富士市の河原崎さんが31匹の好釣果をあげて竿頭になった。

 嘉丸では、ほかにイサキにも出船する。片天びんにステンカンM80号のコマセ釣り。ハリス2~3号6メートル、マダイバリ7号かチヌバリ3号。コマセも付けエサもオキアミを使用。船長は「イサキは、これから旬で味覚の面でも楽しみです。マダイもそろそろ乗っ込みシーズンで期待できます。希望でメダイも出船しますからお問い合わせください」という。▽嘉丸=TEL0557・47・1919(事務所)、0557・48・9640(自宅)。午前、午後出船。貸し竿と仕掛け(キンメは除く)は無料だが、事前に連絡を。

(塚田とも子)

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス