文字サイズ

チャンス到来 アコウ

 左舷ミヨシの厚木市の遠藤さん。2.2キロのアコウを含む2匹ゲットで竿頭に!
1枚拡大

 【出漁ルポ・岩見忠弘】潮の流れに苦戦も最大2キロ超キタ~

 平塚「豊漁丸」(デイリー指定船宿)

 本紙指定船宿の平塚「豊漁丸」の深海のアコウ釣り、先々週には2キロ前後主体に船中14匹という快挙も!この好調にあやかりたい。期待とともに6時45分に出船した。

 先々週は14匹

 釣り場は平塚沖の水深500メートル前後の根周りだ。

 竿やリールは深海用のものを使い、ミチイトはPE6~8号700メートル以上。

 仕掛けはオモリ300号の胴突き5~8本バリ。ムツバリ18~20号、ハリス14~16号。エサはサバの切り身。

 投入は船をバックさせながら、後藤宗一郎船長の合図でミヨシから1人ずつ順番に行う。エサを船べりに並べておき、ハリスとミキイトは船の中に垂らしておく。オモリをちょい投げすると、下バリから順番に海中に投入されていく。

 オモリが着底したらイトフケを取る。置き竿のままオモリで底をたたき、船の移動とともに海底を移動させる。深海底の地形は思いのほか変化に富んでいる。どんどん浅くなったり、深くなったり、ストンッと落ち込んだり。この変化を根掛かりに注意して、リールを巻いたりミチイトを出したりしながらオモリでトレースしていく。が、実はこれがけっこう忙しい。

 グングンッ、ガンガンガンッというどんどん強くなるアタリが来て、ギューンッと竿が曲げられた!アコウ独特のアタリだ!

 このアタリは断続的に長く続く。アタリが来るたびに1メートルほどミチイトを延ばす。こうして、確実にハリ掛かりさせ、追い食いを狙う。

 「今日の潮ではあまり延ばせないよ」と、宗一郎船長。

 5メートルほど延ばしたところで巻き始めた。ゆっくりめの中速で慎重に。

 「浮いた!」

 1・6キロの良型アコウだった!

 この日は潮の流れがあまりなくて、単発でポツリポツリ。それでも0・8~2・2キロのアコウが0~2匹に。船中7人5匹。

 潮がよければもっと釣れただろう。まだまだチャンスは続く。

 ☆ネット情報 釣り宿 豊漁丸 http://www.houryomaru.co.jp/

 後藤宗一郎船長の話 

 平塚沖のアコウ釣りはいいポイントが何カ所かあり、潮さえよければコンスタントに釣れています。これから乗っ込みシーズンに入ると、ハリ掛かりした複数のアコウが、順番に海面に浮かんで並ぶ“提灯行列”も夢ではありません。深海ファンにはたまらない季節。これから始めてみようという方にとってもチャンスですよ!

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス