文字サイズ

ニジマス、イワナ絶好釣

 2人そろって大型ニジマスをゲット!渡辺寛康さん(右、67センチ)と梅田学さん(左、62.6センチ)
1枚拡大

 【Myリポート・塚田とも子】芦ノ湖でルアー・フライ 限定特別解禁釣り大会

 ニジマス最大71センチ

 3月1日、神奈川県箱根町の芦ノ湖では、シーズン開幕を告げる「ルアー・フライ限定特別解禁釣り大会」が開催された。湖尻の「おか本」に出掛けると、60センチ超えの大型ニジマスや40センチ超えのサクラマス、イワナなどの好釣果が出ていた。

 67センチの大型ニジマスは、東京都板橋区の渡辺寛康さん。同じボートで、東京都調布市の梅田学さんも62・6センチを。2人そろって大型ニジマスをゲットしたのだから驚く。

 ポイントは和田の角で、ともに9センチのミノーを使ったという。

 夫婦で30~60センチのニジマス14匹の好釣果をあげたのは、神奈川県藤沢市の澤野文洋さんと智子さん。当日は1人5匹まで持ち帰れたが、60センチの大型を残してすべて放流した。

 レッドコアラインのトローリング(7センチのスプーン)で25~40センチのニジマス、イワナ計20匹の好釣果をあげたのは、神奈川県小田原市の村上繁郎さん。すべて放流。

 おか本のボート担当・平野廣己さんは「例年より水温が高めで魚の活性も良さそうです。漁協の放流も随時行われ、これから楽しめそうです」という。

 なお3月2日から通常解禁。日釣券=1300円、年券=1万6500円。

 〈大会結果=遊漁者総数383人〉

 ▽ニジマスの部

 (1)伊藤聖之 71・2センチ(2)林弘晃 69センチ(3)清水雄介 68・6センチ

 ▽ブラウンの部

 (1)榊原祐一 55センチ(2)府川弘治 50・5センチ(3)伊藤聖之 46・8センチ

 ▽サクラマスの部

 (1)杉山幸男 46センチ

 ▽イワナの部

 (1)生駒昌弘 51・2センチ

 ▽オオクチバスの部 (1)小池敦 53センチ

(敬称略)

 〈2月放流実績〉

 ニジマス5700キロ、ブラウン875キロ、イワナ800キロ。

 〈3月放流〉

 2日=ニジマス200~700グラムを2000キロ。10日=ニジマス大型500キロ。11日=コーホサーモン250グラム級1000キロ、ニジマス200~300グラムを900キロ。18日=ニジマス3000グラム級100キロ、イワナ中型500キロ。

 ▽おか本=TEL0460・84・8488

関連ニュース

    デイリーペディア

    釣り情報最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス