誰にもバレずに今すぐお金を借りる方法は?バレないための対策や内緒で借入できるカードローン一覧

お金を借りる必要が生じたときに、借り入れしていることが他人にバレないかという不安を感じる人は多いと思ます。

「借り入れをしていることがバレたら職場にいづらくなる」「家族から非難をあびてしまう」と心配になるのは自然なことです。

誰にもバレずにお金を借りられる方法があるならぜひ教えてほしいと思う方もいるでしょう。

実は、誰にもバレずにお金を借りることは不可能ではありません。

今回はバレないようにお金を借りる方法や、おすすめの借入先などを紹介します。

借り入れがバレる原因や具体的な事例も合わせて解説するので、ぜひ読んでみてください。

目次

家族や会社など誰にもバレずにお金を借りる方法

「誰にもバレずにお金を借りられる」と言われたら、半信半疑になってしまう方も多いでしょう。

実は、以下の2つのポイントを押さえれば、バレないように借り入れするのは難しいことではありません。

バレずに借りるためのポイント
  • 自宅に郵便物が送られてこないようにする
  • 職場に在籍確認の電話が来ない消費者金融を選ぶ

金融機関からの連絡や郵便物によってバレるケースが多いので、このような状況が起きないための工夫が必要です。

以下で詳しく説明します。

自宅に届く郵送物を回避すれば家族にバレにくい

借り入れが周囲にバレる可能性が高いのが、自宅に届く郵送物です。

ただ封筒が受け取りポストに届くだけならこっそり持ち出せますが、多くの場合は簡易書留などで受取人のサインが必要。

他の家族が受け取ると「これはなに?」と問い詰められやすいので、バレるリスクが上がるのです。

ちなみに、大手消費者金融では差出人名にそのまま名前を使うことはなく、以下のような表記で郵送物を送付します。

  差出人名
アイフル AIセンター
プロミス 事務センター
レイクALSA 新生銀行
SMBCモビット MCセンター
アコム ACサービスセンター

もし他の家族が受け取っても、この差出人名なら「ギフト券やチケットを手配した」等でごまかせばバレずに済みます。

ただし、契約書類を見られてしまうと確実にバレるので、返送が必要ならなるべく早めに、不要な書類はすぐに破棄するなど対策をとりましょう。

なお、Web完結・カードレスの消費者金融だと自宅への郵便物は一切ありません。

スマホやパソコンで必要な情報を入力して申し込めばすぐに審査が行われ、書類提出や契約もWeb上で完結します。

スマホアプリがあればカードレスで現金取引ができるスマホATMも利用でき、カードが無くても十分に便利です。

会社への電話連絡を回避してバレずに借りる

借り入れがバレる恐れがあるもう一つの原因として、職場にかかってくる在籍確認の電話があります。

ただし、電話口で消費者金融名を言ったりカードローンの審査だと言ったりすることはまずありません。

個人名を名乗って「〇〇さんはいらっしゃいますか」と問い合わせる程度なので、知らない間にバラされる心配はしなくて大丈夫です。

一方で個人名での電話が不自然な部署にいる、なんの電話か聞かれた時にごまかすのが苦手な人もいますよね。

そんな場合は、あらかじめ会社への電話連絡なしで申し込みできる消費者金融を選びましょう。

大手消費者金融の中ではアイフルとプロミス、SMBCモビットのWeb完結申込が原則として電話連絡はしないとしています。

また、他の大手消費者金融では、申込後にフリーコール等に電話をかけて書類審査に変更できることも。

その場合は、社会保険証や給与明細書など在籍を確認できる最新書類が必要なので、電話連絡を回避したい人はあらかじめ準備しておきましょう。

バレずにお金を借りるなら大手消費者金融の利用がおすすめ

先ほど説明した通り、大手消費者金融はWeb完結やカードレスに対応しているところが多くあります。

ここではバレずに借り入れできる可能性が高い、すすめの大手消費者金融を4つ紹介します。

各社Web完結・カードレス以外の特徴も詳しく紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

アイフルはWeb完結OK!電話をすれば優先的に審査してもらえる

アイフルの公式キャプチャ
公式サイト https://www.aiful.co.jp/
金利 3.00~18.00%
担保・保証人 不要
対象 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
貸付方法 ATM、振込
返済回数 最長151回(14年6ヶ月)
限度額 800万円以内
バレずに借りるポイント
  • 勤務先への電話連絡は原則なし
  • 来店不要
  • 郵送物なし可
  • カードレス契約可
  • スマホATM利用可(セブン銀行・ローソン銀行)
  • アプリアイコン着せ替え可

アイフルもキャッシングの申し込みから契約に至るまでWeb完結に対応しています。

こちらもカードレスに対応しており、郵便物は一切届きません。

アイフルのWeb完結の流れは、以下の通りです。

アイフルのWeb完結の流れ
  1. Webからの申し込み(本人確認書類の提出が要)
  2. メール、もしくは電話による審査結果のお知らせ
  3. Webからの契約手続き※カードの受け取り方法は「カードレス」を選択
  4. 登録口座への振込手続き

アイフルは最短30分で審査が終了し、申し込みから融資を受けるまで最短1時間で終わらせることも可能です。

※申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合あり

今すぐお金を借りたい場合、フリーダイヤル(0120-337-137)に連絡すれば、優先的に審査を開始してもらえます。

フリーダイヤルの受付時間は朝9時から夜9時までと長いので、急ぎの方は利用してみてもよいでしょう。

プロミスのアプリからなら郵便物なしで取引できる

プロミスの公式キャプチャ
公式サイト https://cyber.promise.co.jp/
金利 4.50%~17.80%
担保・保証人 不要
対象 お申込みいただける方の条件は、年齢18~69歳のご本人に安定した収入のある方
貸付方法 ATM、振込
返済回数 最長80回
限度額 1万円~500万円
バレずに借りるポイント
  • 勤務先への電話連絡は原則なし
  • 来店不要
  • 郵送物なし可
  • カードレス契約可
  • スマホATM利用可(セブン銀行・ローソン銀行)
  • 振込人名義の選択可(パルセンターまたはプロミス)

プロミスは2020年2021年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得した、利用者からの評判がよい消費者金融。

プロミスの審査対応や金利、借り入れサポートなどの項目で高い評価を得ています。

Webでの申し込みは24時間365日いつでも利用可能なので、忙しい社会人の方でも気兼ねなく利用できるでしょう。

またプロミスははじめての利用であれば、借入日から30日間利息が付きません。

ただし30日間無利息サービスの適用を受けるためには、メールアドレス・Web明細利用の登録が必須なので注意です。

さらに「瞬フリサービス」を利用すれば、即日(当日)振り込みも可能となります。

※24時間振込可能な金融機関の口座を登録すれば、24時間最短10秒で振込可能

SMBCモビットのWeb完結なら会社への電話連絡なしで借りられる

SMBCモビットの公式キャプチャ
公式サイト https://www.mobit.ne.jp/index.html
金利 3.00~18.00%
担保・保証人 不要
対象 満20~69歳の安定した収入のある方(アルバイト・パート・自営業もOK)
貸付方法 ATM、振込
返済回数 最長60回(5年)
ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
限度額 1万円~800万円
バレずに借りるポイント
  • Web完結なら勤務先への電話連絡は原則なし
  • カード申込契約でも相談次第で書類による在籍確認に変更可
  • 来店不要
  • 郵送物なし可
  • 郵送物ありでもコンビニ受け取り可
  • カードレス契約可
  • スマホATM取引利用可(セブン銀行「スマホATM取引」」)

SMBCモビットはWeb完結なら職場への電話連絡なしと明言していて、カードレスなので郵送物もありません。

ただし、Web完結で申し込むには2つの条件を満たさなければならないので注意してください。

  1. 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方(お客様名義の口座に限ります)
  2. 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方

引用:SMBCモビット

条件を満たせない場合は郵便物ありになりますが、申し込み自体はできます。

SMBCモビットは申し込みから借り入れまでがスピーディで、最短30分で本審査完了。

コールセンターに電話をかければ即日融資にも対応してもらえるので、急ぎでお金を借りたい人にもおすすめです

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

またSMBCモビットは2020年のHDI格付け調査(世界最大のITサポートサービス団体HDIが実施する格付け調査)で業界ではじめて最高ランクの三ツ星を獲得しています。

問い合わせ窓口の誠実でスピーディーな対応がよい評価を獲得しました。

サポート体制にも優れた消費者金融だと言えるでしょう。

レイクALSAのWeb申し込みはカードレスで契約できる

レイクアルサの公式キャプチャ
金利 4.50%~18.00%
担保・保証人 不要
対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得している方
貸付方法 ATM、振込
返済回数 最長8年・最大96回
限度額 1万円~500万円
必要書類 運転免許証
※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
バレずに借りるポイント
  • 在籍確認は書類に変更など柔軟に対応
  • 来店不要
  • 郵送物なし可
  • カードレス契約可
  • スマホATM利用可(セブン銀行)※2022年3月現在、借り入れの利用は停止中

レイクALSAのWeb申し込みはカードレスでの契約も可能です。

レイクALSAのWeb完結は本人確認はスマホで完了し、契約書面はダウンロード可能なので、郵便物一切なしで手続きが完了します。Webでの申し込みならば、最短60分での融資も可能です。

さらにレイクALSAははじめて利用する場合、Webからの申し込みであれば60日間利息が付かないサービスを受けられます。

借入額のうち5万円までの部分(契約額1万円~200万円に限る)は、180日間無利息に。

他の消費者金融と比較して無利息期間が長いのが、レイクALSAのメリットです。

三井住友カードのカードローンはWeb完結で最短5分で借りられる

三井住友カードカードローンの公式キャプチャ

公式サイト https://www.smbc-card.com/nyukai/loan/cardloan.jsp
金利 1.5%~15.0%
担保・保証人 不要
対象 満20歳~69歳以下の安定した収入のある方(学生は除く)
貸付方法 ATM、振込
返済回数 最長15年1ヵ月(181回)
限度額 900万円
バレずに借りるポイント
  • クレジットカード会社だから連絡があってもローン契約だと思われない
  • 来店不要
  • 郵送物なし可
  • カードレス契約可

信販系である三井住友カードのカードローンは、無条件で在籍確認の電話をなしにできるわけではありませんが、Web完結なら最短5分で審査完了する点は何よりも魅力的。

今すぐお金を借りるには以下の条件を満たす必要があります。

最短5分で審査完了の条件
  • 即時発行で申し込む
  • 9時~19時30分の間に申し込みを完了させる
  • オンラインで支払口座の登録ができる
  • 希望額を50万円未満にする

希望額が50万円以上だと、収入証明書類の提出が必要になるため最短5分では審査が終わらないので注意しましょう。

口座振込専用で申し込んだ場合、カードレス・郵送物なしと周囲にバレにくいだけでなく、カード有りよりも金利が優遇されるメリットがあります。

例えば限度額50万円までの場合、カード有りの金利は15.0%なのに対し、口座振込専用では14.4%と0.6%も低金利です。

バレずにお金を借りるポイントは大手消費者金融より少ないものの、そこは知名度の高いカード会社という点で十分カバー可能。

電話や郵送物があっても「クレジットカードに申し込んだ」とごまかしやすく、カード券面のデザインも一見するとカードローンには見えません。

最大3カ月間の無利息期間も用意されているので、今すぐバレずに借りたい人でも利息の節約が叶います。

クレジットカードのキャッシングなら借り入れや返済時にバレにくい

先ほどは信販会社が取り扱うカードローンを紹介しましたが、クレジットカードそのものでもキャッシング機能により借り入れできるものが多いです。

バレずに借りるためのポイント
  • すでにキャッシング機能付帯済みなら審査なし
  • クレジットカードで借り入れ可能
  • 返済はショッピング利用額と合わせられる

すでに付帯済みの場合は審査が必要なく、在籍確認の電話ももちろんありません。

手持ちのクレジットカードを使ってすぐにお金を借りられ、ローンカード不要となるので郵送物が無いという点でもバレにくいです。

また、返済はクレジットカード利用代金と一緒に口座から引き落とされるタイプなら、通帳からも借り入れしたと気づかれないでしょう。

新規発行やキャッシング申し込みでは審査が必要

クレジットカードはショッピング枠だけでも審査がありますが、キャッシングも付帯させる場合は審査がより慎重です。

すでに持っているクレジットカードにキャッシング機能を付帯させるにも審査があり、どちらもその際に電話による在籍確認が実施される可能性も。

クレジットカードは申し込んで即日審査完了となる会社は少なく、利用が開始できるまで数日かかることも普通です。

お金を借りる際の利便性もカードローンのほうが高いので、キャッシングをメインにするならよく検討してから申し込みましょう。

銀行のカードローンはバレずに借りるのは難しい

カードローンは、消費者金融だけでなく銀行など金融機関でも多く取り扱われています。

金利が低めで消費者金融よりも身近な存在ですが、銀行は即日融資が不可能なので、急ぐ人にとっては大きなデメリットに。

また、バレずに借りるという点では難易度が上がり、特に以下の点で注意が必要です。

  • 会社への在籍確認はほぼ避けられない
  • Web完結でも郵送物がある場合が多い
  • 地方の金融機関だと来店が必要な場合もある

銀行カードローンの場合、多くは銀行名を名乗って在籍確認を行います。

電話そのものは怪しまれませんが「銀行からなんの用事?」と話題に出されやすい点はネックです。

また、銀行のキャッシュカードを持っていてもローンカードが別で必要など、基本的に郵送物が発生します。

このほか、Web系にあまり力を入れていないと契約に来店が必要だったり、利用明細がハガキで送られてきたりと連絡手段がアナログな場合も。

バレないための配慮は消費者金融ほど手厚くなく、審査方法などで融通がきかない面もあるので申し込み前によく確認しましょう。

ネット銀行を利用すればバレずに借りられる可能性が高い

銀行カードローンの中でも、ネット銀行系ならWeb上での手続きに特化しており書類からバレるリスクが最小限です。

実店舗がある銀行とネット銀行のカードローンでは、以下のような違いがあります。

ネット銀行カードローンの特徴
  • Web完結で申込から返済までできる
  • スマホアプリで管理可能
  • 紙の通帳は発行されず利用明細や取引履歴はWebで確認

ネット銀行でもローンカードを郵送することは多いですが、キャッシュカードのエラーで新しく作り直したなどの理由でごまかせます。

また、契約後は振込融資で即時入金に対応している場合が多いので、急ぎでお金を借りたい時にも便利。

ネット銀行は紙の通帳が無い代わりにアプリ機能が充実している傾向にあり、スマホアプリ一つで口座残高や取引履歴の確認、返済予定などまとめて確認可能です。

利用中に郵送物を送るケースはほぼなく、基本はWebやアプリ上で書面を確認するので紙からバレることもないでしょう。

お金を借りたのがバレるのはなぜ?契約前後に借入がバレてしまう原因と対策

消費者金融でお金を借りたことがバレる原因3つ
  1. 自宅への郵送物を家族に見られる
  2. 勤務先に在籍確認の電話がかかってくる
  3. 自動契約機に向かう姿を目撃される

それぞれ詳しく説明して対策法を紹介するので、参考にしてみてください。

自宅に届く郵送物で家族にバレる

消費者金融で借りると、カードや契約書類などが自宅に郵送されます。

郵便物は社名が入っていない封筒で送られてきますが、家族が誤って開封してしまい借入がバレるというケースもあります。

紙の書類を保管していて掃除の際などに見つかるおそれも。

自宅へ郵便物で家族に借入がバレるのを防ぐには、Web完結・カードレスで借りられる消費者金融を利用するのが一番です。

Web完結なら契約書類はネットでダウンロード可能、書類の提出もスマホやパソコンからできるのでスムーズ。

郵便物が来なければ家族にバレる可能性はかなり低くなるので、Web完結を利用するのがおすすめです。

勤め先への在籍確認で怪しまれることもある

勤務先への在籍確認で、職場の人に怪しまれる可能性も低くありません。

在籍確認は全ての消費者金融で実施しており、連絡先は申込時に入力した勤務先の電話番号になります。

在籍確認の目的は内容申告に嘘・誤りがないのか確認することなので、在籍確認なしではお金を借りられません。

在籍確認は勤務先への電話、もしくは書類の提出によって行われます。

書類の提出であれば、勤務先にお金を借りていることが伝わるリスクを減らせるでしょう。

例えばSMBCモビットはWeb完結で申し込むと勤務先への電話連絡や自宅への郵送物をなしにできます。

SMBCモビットのWeb完結
引用:SMBCモビット

またアイフルは公式HPに「勤務先への連絡は行っていない」と明記しています。

在籍確認はありますか?
原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。

引用:アイフル

職場に連絡するタイプの在籍確認を行う消費者金融でも、会社名を伏せて電話してくれます。

自分以外の社員が電話に出てしまっても、消費者金融を利用していると伝わる可能性は低いです。

自動契約機に向かう姿を誰かに目撃される

消費者金融のなかには、アコムやプロミスなど自動契約機から契約手続きを行えるところもあります。

自動契約機ならその場でカードを受け取れるので、自宅へのカードの郵送によってお金を借りていた事実が家族に伝わるリスクをなくせます。

このためカードを希望する方は、自動契約機による契約手続きを考えるかもしれません。

しかし自動契約機による契約の場合、店舗に入るところを家族や職場の人に目撃される恐れがあります。

自動契約機を利用したことが知り合いに伝わると、不審に思われる可能性も。

自動契約機は人に見つかるリスクがあるため、Web申込の利用をおすすめします。

Web申込にはほとんどの消費者金融が対応しており、24時間・365日対応可能。

本人確認書類もインターネット上で提出できるため、利便性が高いのもメリットです。

カードローン利用中に借入がバレてしまう原因と対策

契約時を乗り越えても、カードローンを利用しての融資は利用中のふとした拍子にバレる危険もあります。

ここではバレる可能性がある6つのシチュエーションを紹介します。

対策も解説するので、カードローンの利用が不安な方はぜひ読んでください。

他人にローンカードを見られてバレる

単純に財布の中にあるローンカードを他人に見られてバレる可能性があります。

ローンカードには消費者金融の名称が記載されているので、一瞥しただけでも「アコムのカードを持ってる!」と勘づかれる可能性はゼロではありません。

このような事態を防ぐには、一番はカードを持たないことです。

もしカードを保有している場合は、以下の対処が効果的です。

ローンカードで借り入れがバレないための対処法
  • 人前で財布を開かない
  • そもそもローンカードを持ち歩かない

カードレスキャッシングならば、ネット上から手続きが完了し、指定の口座に直接お金を振り込んでもらえます。

カードを見られる心配がなくなるほか、紛失や破損によってお金を借りられなくなる事態も発生しません。

借入がバレたくない人にとって、カードレスに対応していカードローンがおすすめです。

ローンカードが見られて融資を受けていると気付かれるのが怖いのであれば、カードレスで契約してみましょう。

例えばアイフルやレイクALSAはカードレスに対応しています。

「カードレス契約できるのはWEB上で契約した人だけに限る」と条件が設定されている場合もあるので、注意してください。

銀行口座の入金履歴を見られてバレる

消費者金融から入金があると、通帳には金額とともに振込先が記載されます。

アイフルやプロミスなど大手消費者金融からの振込があることを知られたら、お金を借りていると捉えられる可能性が高いです。

「通帳に消費者金融の名前が載っているのを一度でも見られたら怪しまれてしまう」と不安に思う方も多いでしょう。

しかし、消費者金融側も振込先の表示には配慮してくれる場合があります。

例えばアコムでは、振込先の名義は「ACサービスセンター」としてくれます。

この名称を見るだけでは、アコムと結びつく人は少ないでしょう。

このように別の会社名で振込手続きをしてくれるところを選べば、口座への入金履歴でバレる確率を大きく減らせます。

スマホのメールやブラウザの履歴でバレる

Webで申し込みした場合、メールやブラウザの閲覧履歴を見られるとお金を借りていると気付かれる恐れがあります。

ロックをかけていない状態でパソコンを放置すると、家族にメールなどを見られる可能性もないわけではありません。

「ブラウザを閉じても閲覧履歴が残るので心配」という方もいるかもしれません。

不安な方はパソコンを他の人に見られないよう、離席時にロックをかける習慣をつけましょう。

またアプリを利用して、スマホで借入手続きをする場合、画面に表示された検索履歴を見られる恐れもあるので、検索履歴をこまめに削除するのをおすすめします。

住宅ローンなどの審査に落ちてバレるケースもある

夫婦で住宅ローンなどに申し込んだ際、審査に落ちてしまうことでお金を借りていた事実がバレるケースも。

夫婦で共同名義にした場合、一人の信用が高くてももう一人の信用が低いと審査に落ちることがあります。

多額のお金を借りていたり、複数の金融機関から借入したりすると、審査に落ちる原因になり得ます。

借入がある状態で住宅ローンに申し込むなら、少しでも返済しておいたほうがよいでしょう。

お金を借りているからといって、住宅ローンに申し込みができないとは限りません。

重要なのは、金額がどの程度なのかという点です。

年収に対する借入額の割合が大きいと、返済が難しいと考えられ審査に落ちるリスクが高まります。

延滞時は郵送物や電話に注意

延滞時の消費者金融からの郵便物や電話にも注意が必要です。

契約時に設定した返済期日を過ぎてしまうと、延滞(滞納)として扱われます。

延滞が発生すると、消費者金融は以下のような手続きを取ります。

  1. メールによる連絡
  2. 電話や書面による連絡
  3. 借入している元本・利息・遅延損害金の一括請求
  4. 状況により法的手続きへ

返済期日を過ぎても入金がないと、金融機関から督促のメールが来ます。

引き続き返済がない状態が続くと、次は電話や郵便で督促が行われます。

自宅に郵送された督促状を見られて借入がバレるケースは多くあるので、滞納はすぐに解消する必要があります。

督促状が来ても返済しないでいると、借入の元本・利息・遅延損害金を一括請求されます。

それでも放置していると、最終的には裁判などの法的な手続きが取られる結果に。

そうなるのを防ぐためにも、お金を借りるときは必ず事前に返済計画をしっかり立てましょう。

また延滞しても、はじめのメールや電話の時点できちんと対応し返済すれば、それ以上悪い方向には進展しません。

自分だけでは返済が不可能であれば、言いにくいかもしれませんが返済に充てるために親からお金を借りることも視野に入れましょう。

親や知人など信頼できる人から借りる場合でも、贈与税対策やトラブル防止のために借用書の作成をおすすめします。

消費者金融で借りたお金を延滞すると遅延損害金が発生するので、何とかして資金を集め、すぐ返済しておくべきです。

長期延滞すると差し押さえ(強制執行)でバレる

長期延滞すると裁判などの法的な手続きが取られ、強制執行として給料などを差し押さえられるため、家族や職場に借入がバレてしまいます。

滞納から給料の差し押さえまでの流れは以下のとおり。

  1. メール・電話・郵便による督促
  2. 借入の元本・利息・遅延損害金の一括請求
  3. 訴状の送付(特別送達)
  4. 民事裁判
  5. 給料や財産の差し押さえ(強制執行)

滞納するとまずメール・電話・郵便で督促が行われますが、数カ月間返済がないと元本・利息・遅延損害金の一括請求が来ます。

それでも返済しないと、金融機関が民事裁判を起こすことに。

訴訟を受けると裁判所から自宅に「特別送達」という郵便で訴状が送られます。

特別送達の郵便物は書留などと同様に直接手渡しで受け取ることになるので、家族が対応すると借入がバレる結果に。

裁判に負けて給料の差し押さえを受けると職場に連絡が行くので、職場にも借入がバレてしまいます。

お金を借りるときは返済計画をしっかり立て、滞納してしまったらできるだけ早く解消するようにしましょう。

電話連絡や郵送物を回避すれば周りにバレずに借りられる

カードローンの申込から契約では、電話連絡や郵送物の発送で周囲にバレる可能性があります。

ただし、電話口で名乗る名前や差出人名で「カードローンの申込をした」と分かるようなことはしません。

プライバシーに十分配慮する点は、どのカードローン会社でも共通しています。

契約・利用開始までにバレずに借りるには、以下のようなカードローンを選ぶことが大事。

バレないカードローン選びのポイント
  • 原則として職場への電話連絡なしで在籍確認を行っている
  • 自宅外での書類受け取り可能、またはカードレス契約可能で自宅への郵送物なし

上記を満たせるのは大手消費者金融のカードローンで、特にアイフルやプロミスは、難しい条件を揃えなくても2つの条件を揃えられます。

利用開始後、継続してバレずに借りるには紙の書類やローンカードが人目に触れないよう注意しなくてはなりません。

その管理を簡単にできるのが、アプリ機能が充実したカードローンです。

利用明細やお知らせはWeb上でのみ発行され、振込融資やスマホATMなどでカードを持ち歩かなくても借り入れできるとバレるリスクは最小限にできます。

申し込みから利用まで、バレないための配慮やサービスは消費者金融カードローンが充実しているので、細かな条件等もよく比較して借り入れを検討しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる