文字サイズ

香川・小牧、大ケガを乗り越えて-阪神・藤浪からの死球で右ひざ骨折

 主将として最後のあいさつをする小牧泰士(撮影・高田博史)
1枚拡大

 【香川・小牧泰士内野手】文=高田博史

 小牧泰士に「2年間で最も記憶に残っていることは?」と尋ねた。

 「後期優勝できたことですね。みんながまだ1年目、2年目の若いときに優勝を経験できたことは、これからの財産になっていくと思うので」

 社会人野球を経て2016年、25歳で香川に入団した。だが、2カ月後の3月23日、阪神2軍との交流戦(鳴尾浜)で藤浪から死球を受け、右ひざ骨折の大ケガを負う。ひざにボルトを入れる手術を行い、2カ月で復帰した。1年目は39試合に出場している。

 「香川に来たときは、ラスト1年勝負しようと思っていました。骨折があって、一度冷静に考えて、もう1年だけやらせてもらおうと」

 当初は頭になかった2年目に臨む決心をする。キャリアの浅い選手が多いなか、26歳の小牧が主将を務めることは当然の流れだった。

 15年前期以来となる後期優勝を果たし、チャンピオンシップでは個人として敢闘賞を受賞している。最後のユニホーム姿となった宮崎でのフェニックス・リーグでも躍動してみせた。

 「最後まで何が起こるか分からない、という気持ちでやろうとは思ってました。監督(西田真二監督)も、ずっとショートで使ってくれたので。やれることだけはしっかりやろうと」

 京都から家族が応援に来てくれていた。母・丈子さんから「おつかれさま」と声を掛けてもらっている。

 「最後の挑戦ができる場所だと思って来て、ここでしっかりけじめをつけようと思っていたので。いろんな経験ができて、香川に来られて良かったと思います」

 最も印象に残るゲームは手術後、公式戦初出場となった対高知前期5回戦(16年5月18日、Cスタ丸亀)だ。七回表から守備に就き、痛みをこらえながら九回裏に右前安打を放っている。

 アイランドリーグとは「上に行けるか、野球を辞めるかを決める場所」と言った。2年間に悔いはない。

 「ガイナーズはホントにこれからなので。ファンの方には若いみんなが、どういうふうに成長していくのかを見届けてほしいです」

 最後の最後まで、ガイナーズの主将として--。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    アイランドリーガー伝最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス