文字サイズ

香川・沢坂 新フォームハマり打撃好調!プロへの道をひた走る

 父から学んだプロとしての矜持がある。香川・沢坂弘樹(提供・香川オリーブガイナーズ球団)
1枚拡大

 【香川・沢坂弘樹内野手】

 首位争いを続ける香川のルーキー・沢坂弘樹の打撃が好調だ。前期終盤から後期にかけて、尻上がりに成績を上げてきている。

 リーグ戦中断期間中、トライした新しい打撃フォームがうまくハマった。あえてパワーを抑えながら、ミートの確率を上げることを狙った。

 「特に成績でこだわっているのはバッティングです。打率と打点。あと、ホームラン数じゃなくて、長打率も上げていきたいなあとは思っています。単打だけだと寂しいので」

 元来、プロ志向が強かった。大学卒業後、北海道・室蘭にあるクラブチーム入りを選んだのも、その先のプロ入りを夢見たからである。だが、さらに可能性が高いアイランドリーガーとしての道を選ぶ。

 「一番可能性の高いところへ行きたいなあと思って。試合数が多い。スカウトに見てもらえるチャンスがある。その点において、求めているものはすべて整っている。これ以上はないかなと思います」

 仕事を捨ててアイランドリーグに飛び込むことを決めたとき、父・泰史さんは「分かった。好きにやれ。そっちのほうがええんちゃうか」と言ってくれた。かつて父は、プロのレーシングドライバーとして勝負の世界で生きて来た。「クラブチームより、そっちのほうがお前に合ってる」。プロになる-。もう迷いはなかった。

 野球を始めた小1の頃、父から言われた言葉が強く記憶に残っている。

 「『やるんやったら最後まで、死ぬまで貫け。一回やると決めたことは最後までやれ』って言われたことは、いまでも覚えてます。それでまだやってるんですけど(笑)。『チャンスがある限り、勝負し続けろ。若いうちしか勝負はできない』とは言われてますね」

 大人になるに連れ、徐々にその言葉の意味が大きくなってきた。

 打率を残せて長打力もある。怖さもあって勝負強い。ロッテ・角中勝也(元高知)のスタイルを目指す。プロとして、もっともっと上へ。

 「現状維持は“下降”やと思ってるので」

 それも、父から学んだプロとしての哲学である。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    アイランドリーガー伝最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス