広島・末包 自身初4番弾の5号2ランでカード勝ち越し貢献 六回は九里のファウルがベンチ内で左手首直撃「逃げ切れなかった」

 「広島3-1日本ハム」(6日、マツダスタジアム)

 広島が連勝でカード勝ち越しを決めた。4番に入った末包昇大外野手(28)が初回に自身初の“4番弾”となる5号2ランを放ち、勝利に貢献。お立ち台で「初回から先制点を取ろうと思っていたので、最高の結果になってよかった」と振り返った。

 六回にはヒヤリとする場面も。2死一塁で打席には九里。その初球。振り遅れたファウルが一塁ベンチ内にライナーで飛び込み、末包の左手首に直撃。「びっくりしました。逃げる方向にボールがついてきて、逃げきれなかった」と苦笑いだった。

 7回4安打1失点の好投で2勝目を手にした九里も「七回上がる前の打席で末包に打球を当ててしまって申し訳ないと思いながらマウンドに上がったけど、何事もなさそうで良かった」とお立ち台で胸をなで下ろしていた。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス