文字サイズ

広島・マクブルームが23試合ぶりの一発「自分を信じて強いスイングができました」

1回、左越え本塁打を放つマクブルーム(撮影・三好信也)
1回、左越本塁打を放ち久里に迎えられ笑顔のマクブルーム(中)=撮影・三好信也
2枚

 「ヤクルト-広島」(19日、神宮球場)

 広島のライアン・マクブルーム内野手(30)に久々の本塁打が飛び出した。

 初回、菊池涼の適時打で1点を先制。その後2死となり、相手先発・石川から左翼スタンド上段、ポール際へ突き刺した。自身12試合ぶりの打点が7号ソロ。「先制点を取った後のキク(菊池涼)のいい流れに乗って、アグレッシブにいきました。自分を信じて強いスイングができました」と振り返った。

 マクブルームの本塁打は5月20日・中日戦以来、23試合ぶり。3試合連続無安打だった4番がチームに流れをもたらした。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス