文字サイズ

広島・床田 7回3失点も歯がゆい交流戦5戦0勝「初回ですかね」

 「広島0-7ロッテ」(24日、マツダスタジアム)

 広島・床田の交流戦初勝利はならなかった。7回3失点。試合はつくったが、打線の援護がなく、交流戦は通算5試合で0勝3敗となった。

 「初回ですかね。あっさり1点取られた。相手も勢いづきますし。余裕を与える」

 初回は先頭の高部に安打の後、二盗を決められ中村奨は進塁打で1死三塁。ここでマーティンに2球目を右犠飛。1安打で許した先制点を悔やんだ。

 五回には2四球と制球を乱し、2死一塁から松川に11球粘られて左中間へ適時二塁打。次打者は普段は打席に立たない投手の石川だっただけにここも防げた失点となった。

 「(松川を)四球で投手勝負でもよかったんですけど。それよりもそこでしっかり粘りきれるように」

 そして、六回には高部の二塁打から1死三塁とされ内野ゴロで失点。決して打ち込まれたわけではないが、1点ずつの失点がボディーブローのように効いていった。

 中5日で週頭の先発にまわった。首脳陣の期待の大きさを感じるからこそ、勝てない歯がゆさが残った。

 「勝ちたいですね。やっぱり。負けてしまったら1週間の入りが悪くなる。何とか勝てるように頑張りたい」

 次こそ勝つ。左腕エースの称号を本物にするためにも結果を残す。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス