文字サイズ

広島・野間 昇格即スタメンで大仕事 巨人・菅野から今季初安打が先制適時打

 2回、ライトへ先制適時二塁打を放つ野間(撮影・伊藤笙子)
2回、適時二塁打を放ち、ガッツポーズの野間(撮影・伊藤笙子)
2回、先制適時二塁打を放つ野間(撮影・伊藤笙子)
3枚

 「巨人-広島」(19日、東京ドーム)

 この日1軍に昇格した広島・野間峻祥外野手(29)が、「7番・中堅」で即先発出場。いきなり第1打席で先制の適時打を放った。

 二回、2死三塁の場面で巨人先発・菅野のスライダーを叩き、右翼フェンス直撃の適時二塁打。前の打者、小園が無死一、二塁で二ゴロ併殺に倒れ、無得点なら嫌なムードが漂うところ。野手主将がチームに主導権をもたらした。

 本人は「何とか先制点を取ることができて良かったです」とコメント。野間のスタメンは4月1日・中日戦以来で今季2試合目。試合前時点で3打数無安打だった中、今季初安打が先制の一打となった。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス