文字サイズ

広島・小園 7戦連続マルチ 春先不振もノッてきた 同郷の先輩・山崎伊撃ちタイムリー

 6回、右前へ適時打を放つ小園(撮影・伊藤笙子)
 6回、ライトへ適時打を放ち、塁上で手をたたく小園(撮影・伊藤笙子)
2枚

 「巨人4-2広島」(18日、東京ドーム)

 広島は9安打を放ちながらも2得点で、巨人に連敗。引き分けを挟んで今季3度目の3連敗、東京ドームでは4連敗となった。それでも前を向く材料がある。小園海斗内野手(21)だ。六回に適時打を放つなど、2安打1打点で7試合連続マルチ安打を記録した。春先は不振に苦しんだ若武者が、好調に転じ躍動を見せている。

 奏でた快音を、笑顔で振り返りたかった。重苦しいムードを吹き飛ばしたかに見えた、小園の一振り。敵地での連敗に悔しさが募った中、若鯉の気を吐く姿がファンに希望を届けた。

 ハイライトは4点を追う六回。無死一、二塁の好機で巨人先発・山崎伊の初球を迷わず振り抜いた。「甘い球は来ないと分かっていたので、しっかり食らいつけた」と右前への適時打で3点差に迫った。二回は1死で、追い込まれながらも外角低めのフォークに目いっぱい手を伸ばし、左前へ運んだ。

 しかし、七回は2点差に迫ってなおも2死一、三塁と一打同点の場面で今村の前に二ゴロ。0-1の四回も1死一、二塁で二直に倒れた。2本の安打より好機での凡退に悔しさをにじませた。「次のチャンスがあれば、返していけるようにやっていけたら」。試合後は必死前を向いた。

 相手先発・山崎伊は明石商出身。報徳学園で1年生だった頃、春季兵庫県大会決勝戦で対戦した。試合前に「あいさつに行かせてもらった」と小園。同郷の先輩から2安打を放って7戦連続マルチ安打。ただそこには「あまり気にしていないし、今まで打っていなかったので」と冷静に受け止めている。

 春先は不振で打順が8番に下がった試合もあった。一時1割台だった打率も、ここに来て・242。前日の猛打賞も含めて5月の3安打は4度目。どんな時でも試合が続くが、「次、しっかりやる」と気持ちを切り替えてきた。「簡単に打てないこともあるが、自分を信じてやっていけば大丈夫だなと。練習からやっていければ」。歯を食いしばり、グラウンドに立つ日々が大きな糧になっている。

 佐々岡監督は、小園の好調さを買って上位打線に起用する可能性に「6番に置いてチャンスで回ってくるかなという考え方をしている」と現時点ではポイントゲッターとしての期待を寄せる。「チームが勝てる方向にいけるよう、打撃も守備もやっていけたら」と小園。自分を見失うことなく、ひたむきに走り続けていく。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス