文字サイズ

広島・栗林 昨年末に第1子誕生「妻と子供のためにも」守護神としてフル回転誓う

 キャッチボールを行う栗林=トヨタスポーツセンター
 ノックを受ける栗林=トヨタスポーツセンター
 キャッチボールを行う栗林=トヨタスポーツセンター
3枚

 昨年、セ・リーグの新人王に輝いた広島の栗林良吏投手(25)が13日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで自主トレを公開した。午前9時から始動してキャッチボールやノック。下半身強化に重点を置いており、午前中最後は約200メートルの坂道ダッシュを5本、走り切った。

 下半身強化は、野球人生で初の試みだという。「自分の中で上半身の力があれば強いボールを投げられると思っていた。下半身を鍛えることでバランスを取れれば、制球も良くなるかなと思っている」と狙いを明かした。

 昨年末には第1子が誕生し、育児にも力を注ぐ。今季も守護神として期待される男は「妻と子どものために頑張らないといけない。チームとしてはリーグ優勝と日本一になってシーズンが終われるように。個人としては、守護神として1年間戦ってセーブ機会で失敗しないことを目標に1年間、戦いたい」と決意を新たにした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス