文字サイズ

広島・鈴木誠「野球がやれればいい」 MLB移籍先こだわりなし!23日から交渉可能

 ポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指す広島・鈴木誠也外野手(27)が22日、移籍先について「野球がやれればいい」と特定の球団や環境面にこだわらない姿勢を示した。MLBは21日(日本時間22日)、全30球団に鈴木誠を契約可能選手として通知。12月22日午後5時(日本時間同23日午前7時)まで譲渡金を支払う意思のある球団と交渉可能となった。泰然自若の構えで、その日を待つ。

 球団がポスティング手続きを完了。いよいよ22日(日本時間23日)からメジャー30球団と交渉可能になるが、契約内容にこだわりはない。マツダスタジアムでの自主トレを終えた鈴木誠は「野球がやれればいい」と純粋な思いを口にした。

 メジャー公式サイトによると、レンジャーズやメッツが獲得候補に挙がる。球団によって環境面が異なっても最優先はプレーで存在感を示すこと。「ある程度、やりやすい環境でできればいいけど、あとは実力次第じゃないですかね。それだけ欲張っても、ダメな時はクビにされるのは変わらない」。静かな口調の中に野球人としての覚悟をにじませた。

 交渉期限は12月22日午後5時(日本時間同23日午前7時)まで。ただ、同1日に失効する大リーグ側と選手側との労使協定が新たに締結されなければ、契約交渉は滞ることになり、ロックアウトの可能性もある。

 とはいえ仮に期間中にロックアウトとなっても30日間という期限にはカウントされない。今オフの移籍市場では外野手の層が薄く、需要は高いとみられている。「そんな早く決めたいとか、そういうのないですね」と本人にも焦りはない。

 23日はファン感謝デーに参加予定。争奪戦のゴングが海の向こうで鳴る中、鯉の主砲は冷静に今後を見つめている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス