文字サイズ

広島・栗林、歴代単独3位の18試合連続セーブ「低めを意識しながらいけた」

 「阪神2-4広島」(17日、甲子園球場)

 役割を果たすと、ホッと息をついた。広島・栗林が歴代3位の18試合連続セーブをマーク。98年・佐々木(横浜)の22試合、09年・岩瀬(中日)の20試合に次ぐ快記録となった。

 2点リードの九回から登板。先頭の代打・板山に四球を与え、1死後には代打・糸井に右前打を許した。一発が出ればサヨナラ負けとなる1死一、二塁。甲子園のスタンドは大きく盛り上がったが、新人右腕は動じない。

 代打・佐藤輝を空振り三振。近本も遊ゴロに仕留めた。1回無失点で35セーブ目。「阪神も勢いがあったと思うので、低めを意識しながらいけたと思う」と冷静に振り返った。

 残り7試合で3位・巨人と2・5差。「リリーフもみんなでしっかり勝ちに向かいたい」。奇跡を信じ、右腕を振り続ける。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス