文字サイズ

広島・床田「水を差してしまった」 今季初の7連勝目指した一戦で一挙7失点

 「広島3-9DeNA」(13日、マツダスタジアム)

 先発した広島・床田寛樹投手が五回途中でKO。勝てば今季初の7連勝だった一戦で乱調し「水を差してしまった。連勝を止めてしまったので」と唇をかんだ。

 3-0の五回、2本の適時打と犠飛で同点とされ、宮崎には勝ち越しの2点適時打。続くソト、細川に連続四球を与えたところで交代となった。

 4回2/3を8安打で、一挙7失点。「投げ切れず、ほとんど真ん中に行ってしまった。インコースを使えない分、勝負どころでのツーシームも見逃される」と踏ん張れなかった要因を振り返った。残り10試合となり、次回登板が今季最終登板になる可能性もある。左腕は「修正して、しっかりやり返したい」と前を向いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス