文字サイズ

広島5連勝!森下が待望の7勝目 栗林が球団タイ14戦連続の31セーブ

7回、坂本を二直に打ち取ってピンチを脱し、充実した表情でベンチへ引き揚げる森下(撮影・立川洋一郎)
巨人打線を相手に力投する森下(撮影・立川洋一郎)
3回、丸を見逃し三振に仕留めて拳を握る森下(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島3-1巨人」(10日、マツダスタジアム)

 広島が今季5度目の同一カード3連戦3連勝で、連勝を5に伸ばした。巨人戦の同一カード3連戦3連勝は今季初。

 8試合連続で勝ち星から遠ざかっていた先発・森下は7回無失点の力投。7安打を浴びながらも決定打は許さず、9試合ぶりの7勝目は待望の後半戦初白星になった。

 打線は四回に1点を先制すると、五回は西川が右中間へ適時三塁打を放って2点を追加した。2点差の九回は守護神・栗林が無失点に抑えて31セーブ目。14試合連続セーブとなり、1991年・大野豊が持つ球団記録に並んだ。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス