文字サイズ

広島・森下が6回8安打6失点の炎上 まさかの3暴投 プロ最長5戦連続未勝利

 3回、福留に適時打を打たれ、追加点を許す森下。手前は生還する二走・京田(撮影・立川洋一郎)
 3回、京田(右)に左前打を打たれ汗をぬぐう森下(撮影・立川洋一郎)
 2回、木下拓に右中間を破る適時二塁打を打たれ、先制点を許した森下(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「中日-広島」(14日、バンテリンドーム)

 白星が遠い。先発した広島の森下暢仁投手(24)は6回8安打6失点と炎上し、これでプロ最長となる5戦連続未勝利となった。

 二回に木下拓に先制の適時二塁打。三回には福留、五回には大島に適時打を許して小刻みに失点した。

 六回には1死から渡辺を三振に打ち取るもチェンジアップが暴投となり、振り逃げに。2死から四死球2つで満塁とすると代打・堂上に走者一掃となる右中間への3点適時二塁打を許した。

 プロワーストとなる暴投3つを記録。110球を費やし、変化球の制球に苦しんだ。

 7月14日の中日戦で6勝目を挙げて以降後半戦はいまだに勝ち星なしと昨季の新人王右腕が苦しい投球が続いている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス