文字サイズ

広島連敗 佐々岡監督「4番の一発がダメだというところで」 高橋昂を評価も反省促す

 戦況を見守る佐々岡監督(撮影・立川洋一郎)
6回阪神無死一・二塁、広島・高橋昂也は阪神ジェフリー・マルテに3ランを打たれガックリ=マツダスタジアム(撮影・山口登)
 5回、一邪飛に倒れる坂倉(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島1-4阪神」(11日、マツダスタジアム)

 打線が沈黙した広島が、首位・阪神に2連敗を喫した。阪神先発・秋山の前に苦しめられ、七回2死まで無安打。完全に流れを握られた。七回2死で3番・西川が“ノーノー阻止”の10号ソロで1点をかえしたものの、得点はこの1点のみ。わずか3安打。完封負けを免れるのが精いっぱいだった。

 先発・高橋昂は五回まで粘りの投球で無失点に抑えたが、六回、マルテに痛恨の先制3ランを被弾。無死一、二塁のピンチで、カウント2-2から真ん中に入った直球をマルテに完璧にはじき返された。5回0/3を7安打3失点。一発に泣き、今季5敗目を喫した。

 試合後の佐々岡監督は、高橋昂について「粘り強く投げた中で、球の質は以前よりも良くなっている」と評価。それでもマルテに喫した3ランについては「4番の一発がダメだというところで、映像はまだ見ていないけど、おそらく真っすぐが中に入っている。ああいうところが秋山とは違うところ。前回良くて、今日も1球だけだったけど、4番に対して中入ってしまったから打たれた…ではダメというところ」と反省を促した。

 打線が秋山に封じ込まれたことについては「今年で7回目かな。こういう結果が出れば、対策ができていないということになる。そんなに球速は出ていないけど、ベース板のところで球がしっかりときているから差し込まれて、ポップフライが多くなった。真っすぐと変化球の投球フォームが一緒で打ちづらい。だからこそ2ケタ勝てる投手なのだと思う。周りから見たらビックリするような球には見えないかもしれないけど、そういうところの違いがある。甘い球もあるかもしれないけど、フライになったりするのは切れがあるから」と語った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス