文字サイズ

広島劇的勝利も森下はまた勝てず「チームに迷惑をかけている」

6回、京田に押し出し四球を与えて4失点目を許し、汗をぬぐう森下(撮影・立川洋一郎)
6回、京田陽太に押し出し四球を与えて4失点目を許し、途中降板する森下(撮影・立川洋一郎)
中日打線を相手に力投する広島・森下暢仁=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島8-7中日」(7日、マツダスタジアム)

 またも白星をつかめなかった。先発した広島の森下暢仁投手は5回2/3投げ、今季最多となる9安打を浴び、4失点と崩れた。

 三回までパーフェクト投球も四回に1点を奪われ、六回には1死満塁から渡辺に同点の中前適時打、なお2死満塁から投手・小笠原に逆転の左前適時打を許すと続く京田に押し出し四球を与え、3点を失った。「先に先制してもらったのに、こういう投球になってしまった。本当にチームに迷惑をかけている。自分だけうまくいっていないので、少しでも早くチームに貢献できるようにしたい」と話した。

 後半戦4試合に登板し、0勝2敗とまだ勝ち星がない右腕に佐々岡監督は「今日の(チームの)勝ちというのをプラスにして、次取り返せと一言、言いました」と次戦での巻き返しに期待を寄せた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス