文字サイズ

広島・坂倉 5号ソロにも好リードできず「勉強していかないといけない」

 6回、糸原の二盗を阻止する坂倉(撮影・高部洋祐)
 6回、右翼スタンドへソロを放つ坂倉(撮影・立川洋一郎)
 1回、二保(手前)から先制適時打を放つ坂倉(撮影・高部洋祐)
3枚

 「阪神9-3広島」(14日、京セラドーム大阪)

 広島の坂倉将吾捕手が5号ソロを放った。

 六回1死から二保の内角カットボールを捉え、右翼席に運んだ。「点差も離れていたので、とにかく塁に出ようと思っていました」。初回には「チャンスだったので、思い切っていこうと思っていた」。2死一、二塁から先制となる左前適時打。前半戦終盤から5番で起用されている主軸がマルチ安打を放ち、バットで存在感を示した。

 それでも、「何とかしなきゃいけないという中で力になれなかった。勉強していかないといけない」。先発した九里が4回10安打7失点と崩れ、好リードできなかったことを反省。一発も空砲に終わり、笑顔はなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス