文字サイズ

侍・栗林 ボール先行の投球を反省「準備を考え直す」

 「東京五輪・野球・1次リーグ、日本4-3ドミニカ共和国」(28日、福島県営あづま球場)

 広島・栗林がボール先行の投球を反省した。1-2の九回から登板したが、カウント不利な状況から二塁打と四球でピンチを背負い、1死一、三塁からヌニェスに右越えの適時二塁打を浴びた。

 味方の逆転サヨナラ勝利に救われたが「準備を考え直し、入りから勝負できるように」と課題を口にしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス