文字サイズ

広島・森下 初球宴「楽しかった」 パの強打者へ強気の直球勝負

 3回、甲斐に中前打を許すも笑顔の森下(撮影・高石航平)
 3回裏、2番手で登板した広島・森下(撮影・佐藤厚)
2枚

 「マイナビオールスターゲーム2021・第2戦、全パ4-3全セ」(17日、楽天生命パーク宮城)

 広島・森下暢仁投手(23)が初めて球宴のマウンドに上がった。全セの2番手で登板し、結果は2回3安打2失点。それでも、普段とは違う雰囲気でのマウンドを楽しんだ右腕。夢舞台での経験を糧にして、日本代表に選出されている東京五輪では侍ジャパンの金メダルに貢献する。

 球宴初登板を終えてベンチに戻る森下の表情は、笑顔にあふれていた。初めて足を踏み入れた球宴の舞台。一流選手たちが集まった空間を満喫できた。「いつもと全然違う雰囲気で、とても楽しかったです」。新人王を獲得した昨季はコロナ禍で球宴が中止に。プロ2年目での出場は、生涯忘れることのない貴重な財産になった。

 憧れ続ける明大の先輩、中日・柳の後を受けて全セの2番手で三回から登板。普段は味わえない“明大リレー”に「こんなことはなかなかないので、そういうことができて良かった」と喜びをかみしめた。先頭の甲斐へ直球を6球続け、7球目のカーブを拾われて中前打を許した。

 無死一塁で小深田を直球で中飛。続く荻野には左翼線への二塁打で1死二、三塁のピンチを迎えた。ここで島内に右前へはじき返され、2点適時打。シーズン中なら悔しさが募る場面だが、同じく大学の先輩とあって「島内さんに打たれて良かったと思います」と笑顔で振り返った。

 4番・中村は二ゴロ併殺に仕留めると、四回はレアードを右飛、中村奨は二飛、1打席目で本塁打を放っていた杉本は三ゴロに料理。全て直球で差し込み、杉本へのウイニングショットは、この日最速の150キロ。「真っすぐでどれだけ抑えられるか。自分の直球を見てもらいたかった」。20球中、19球がストレート。シーズン中には見せない真っ向勝負で見せ場をつくった。

 16日の第1戦から、他球団の選手たちと親交を深めてきた。「岡本(和)さんと打撃、投球の話をしました。ボールの持ち方とか」と明かした。坂本、山田とも言葉を交わしたようで「すごい人と話せて良かった」。スター選手たちのエキスを吸収できたことは、今後への糧になる。

 前半戦最後の登板で6勝目を挙げ、東京五輪に弾みを付けた。お祭りが終われば、いよいよ日の丸を背負って金メダル獲得を目指す戦いが幕を開ける。「与えられた場面で、結果を出せるようにしたい」。充実感たっぷりの2日間をエネルギーに変えて、生涯初のひのき舞台で日本中の期待に応える。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス