文字サイズ

広島・栗林の連続試合無失点が22で止まる 終盤4点差を追いつくも、泥沼7連敗

9回、栗林はTー岡田にサヨナラ打を許しガックリ(撮影・山口登)
9回、栗林はTー岡田にサヨナラ打を許しガックリ(撮影・山口登)
9回、栗林はTー岡田にサヨナラ打を許しガックリ(撮影・山口登)
3枚

 「オリックス9-8広島」(13日、京セラドーム大阪)

 広島のドラフト1位・栗林(トヨタ自動車)の開幕からの連続試合無失点記録が22で止まった。

 3点差を追いついて迎えた九回、マウンドへ上がった絶対的守護神。先頭・福田に四球を与えると、犠打と敬遠四球で一、二塁となった。代打・ジョーンズを歩かせてしまい1死満塁の大ピンチ。

 続くロメロは空振りの三振に仕留めたが、Tー岡田が右前へ弾き返され、サヨナラ負け。

 終盤に4点を追いつく驚異の粘りを見せたものの、19年以来の泥沼の7連敗となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス