文字サイズ

6連敗中の広島、菊池涼が先頭打者弾&会沢の2点打 初回に3点先制

 1回、菊池涼は中越えに先制ソロを放つ(撮影・山口登)
 1回、増井は広島・菊池涼に先制ソロを許す(撮影・山口登)
2枚

 「オリックス-広島」(13日、京セラドーム大阪)

 広島が初回、菊池涼介内野手(31)の先頭打者本塁打と会沢翼捕手(33)の適時打で、先制に成功した。

 初回、オリックス先発・増井の3球目、147キロ直球を力強く振り抜くと、打球はそのままバックスクリーン左へ。4月16日・中日戦(バンテリン)以来の6号ソロに「たまたまです。いい先制点になって良かったです」とコメントした。

 さらに安打と相手の失策などで2死一、三塁となり6番・会沢が左中間を破る2点適時二塁打で2点を追加。チームは今季2度目の6連敗中。連敗脱出へ、主力選手がいきなりバットで打線を活気付けた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス