文字サイズ

広島・栗林「会沢さんが上手にリードしてくれて」球団タイ記録の21試合連続無失点

9回裏に登板し無失点に抑えた広島・栗林良吏=PayPayドーム(撮影・立川洋一郎)
9回、試合終了の瞬間、マウンドで笑顔を見せる栗林らカープナイン=ペイペイドーム(撮影・立川洋一郎)
9回、周東の二盗を阻止する会沢=ペイペイドーム(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「ソフトバンク1-1広島」(8日、ペイペイドーム)

 広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24)=トヨタ自動車=が1回を無失点に抑えて開幕から21試合連続無失点を達成。2013年・河内が持つ球団記録に並んだ。

 4試合ぶりの登板は同点の九回。先頭・柳町を中前打で出塁させ、相手ベンチは周東を代走に送った。1死後、柳田への2球目に周東が盗塁を試みたが、ウエストして会沢が盗塁を阻止。柳田には中前打を許したが、果敢に二塁を狙って一時セーフとなった判定に佐々岡監督がリクエストし、アウトに判定が覆って試合が終わった。

 自身が持つドラフト制後の、連続無失点記録の新人最長記録も21に更新した右腕は「会沢さんが上手にリードしてくれて、バッテリーでアウトを積み重ねていけたのは良かった」と感謝しながら振り返った。

 佐々岡監督は、セットポジションの間合いに変化を付けた投球に「本当によく考えて投げている。しっかり冷静にね」と評価。防御率0・00の絶対的守護神が、チームを支えていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス