文字サイズ

広島、田口の前に苦戦 七回まで無得点で18イニング連続無得点

7回、森下(18)の捕ゴロを二塁に送球する中村(撮影・高石航平)
鬼気迫る表情で力投する森下(撮影・高石航平)
6回、広島・坂倉を一ゴロに打ち取りガッツポーズするヤクルト先発の田口=神宮球場
3枚

 「ヤクルト-広島」(12日、神宮球場)

 広島打線がヤクルト先発・田口の前に苦戦を強いられている。

 初回2死から3番・鈴木誠が四球、4番・西川が四球を選んで一、二塁としたが、クロンが空振り三振に倒れて先制機を逸した。二回は先頭の坂倉が内野安打、プロ初スタメンの正随が左前打で続いたが、後続が封じられた。

 三回以降も得点を挙げられず、七回は1死一塁から投手の森下が犠打を試みたが、最悪の捕ゴロ併殺で無得点に終わった。

 広島は9日の中日戦で今季6度目の完封負け。8日・中日戦の八回から、この試合の七回まで、18イニング連続無得点と貧打にあえいでいる。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス