文字サイズ

広島・栗林 新人タイ記録デビュー13戦連続0封 プロ初ビハインドで3人ピシャリ

 初登板から13戦連続無失点の栗林(撮影・立川洋一郎)
 9回表を無失点に抑えて引き揚げる(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島2-3巨人」(3日、マツダスタジアム)

 広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24)=トヨタ自動車=が、デビューから13試合連続無失点を達成し、ドラフト制以降では19年・甲斐野(ソフトバンク)の新人最長記録に並んだ。九回にプロ入り初のビハインドの場面で登板すると、三者凡退の投球を披露。しかし、チームはルーキーの節目に勝利で花を添えられず、今季初の5連敗。借金は最多を更新する「4」となってしまった。

 首を数回横に振り、栗林はうなずいた。大きく息を吐いて投げ込んだのは、こん身の直球。「負けている試合だったので、記録とかも気にせず、本当にチームの勝利のためにマウンドに上がることができました」。スコアボードに刻んだ「0」が球場全体を熱気に包んだ。デビューから13試合連続無失点で、ドラフト制後では2019年・甲斐野(ソフトバンク)の新人最長記録に並んだ。

 登板は4月25日・巨人戦以来。プロ入り初めて、ビハインドの場面でマウンドに上がった。「ビハインドの方が緊張感があった。余計、点を取られてはいけないですし」と、普段以上に細心の注意を払いながら、巨人打線と勝負した。

 先頭のスモークを空振り三振、続くウィーラーは遊ゴロ。いずれも代名詞のフォークで打ち取った。2死から若林には内角直球で勝負して一ゴロ。声を張り上げ、気持ちを押し出すスタイルは変わらない。一塁ベースカバーに向かう速度を緩めた瞬間、プロ野球の歴史に名を刻んだ。3つ目のアウトを奪った栗林は、一塁線の手前で帽子を取り一礼した。

 並外れたルーキーであることを証明したが、ここまでの道のりは決して平たんではなかった。張り詰めた緊張感と、毎日向き合う日々。それでもリードを保って試合を締めくくり、最後にはチームとファンに笑顔を届けてきた。象徴的だったのは7セーブ目を挙げた4月24日だ。

 敵地での巨人戦に3点リードの九回から登板した。しかし、連続四球で無死一、二塁と一発同点のピンチを迎えた。最終的に失点は許さなかったが、試合後は父・秀樹さんに「きょうは、死ぬかと思った」と連絡して本音を吐露。それでもすぐに心のスイッチを切り替え、翌日に備えた。重圧と向き合ってきたからこそ、偉大な領域に足を踏み入れた。

 チームは5連敗。佐々岡監督は「リードした場面で出してあげたかったけど、変わりなく投げてくれた」とたたえた。次戦こそ、チームの勝利と共に喜びを表現する。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス