文字サイズ

広島・九里 自己ワーストタイ6四球KO、自身3連敗 佐々岡監督「情けない」

 「阪神4-2広島」(30日、甲子園球場)

 狂った歯車を、最後まで戻せなかった。ボール球が続き、四球でピンチを広げて失点する悪循環。広島先発の九里が5回8安打4失点で今季3敗目。自己ワーストタイの1試合6四球と、今季初の炎上で自身3連敗となった。本人は球団を通じて「四球も多かったし、攻撃にリズムを持ってこられるような投球ができなかった」と悔しさをにじませた。

 初回から2四球でピンチを広げ、サンズに先制の左前適時打を浴びた。以降も制球が定まらず、二回は糸原に適時打を浴びた。五回無死一塁ではサンズを歩かせてピンチを広げると、連続適時打で致命的な2点を失った。力強い直球で打者を押す投球を披露できず、五回を終えて109球という球数が苦しさを物語っていた。

 三者凡退のイニングが一度もなく、6四球は2019年4月29日・ヤクルト戦以来。佐々岡監督は「きょうは九里のピッチングだね。リズムが悪いし、四球絡みの失点。情けないと言えば、情けない」と厳しく指摘した。

 今季は開幕から全5試合でクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を果たしていたが、初の乱調。「しっかり反省して、次回チームが勝てるように頑張ります」と九里。早急に、負の流れに終止符を打ちたい。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス