文字サイズ

「野球の恐ろしさを分かったと思う」広島・佐々岡監督が森浦、大道の今後に期待

8回、4番手で登板した広島・大道=東京ドーム(撮影・佐藤厚)
巨人に連勝し、タッチを交わす栗林(左端)ら広島ナイン=東京ドーム
2枚

 「巨人8-9広島」(25日、東京ドーム)

 広島・佐々岡真司監督(53)が、ドラフト2位・森浦(天理大)と同3位・大道(八戸学院大)に奮起を促した。

 八回に登板した森浦は、先頭への四球を皮切りに2/3を2安打3失点。1回を投げ切れず、後を受けた大道も負の流れを断ちきれず、2失点。相手打線を勢い付かせ、最大6点のリードを追いつかれる展開となった。

 だが、森浦は試合前時点で防御率1・42、5ホールド。大道も開幕から9試合連続無失点と、2人とも新人ながらブルペンを支える奮闘を見せてきた。

 だからこそ、指揮官は「あの展開だから、しっかり抑えてほしい投手を行かせている。若い森浦、大道はいい経験になったと思う。野球の恐ろしさを分かったと思う」と反省を促しつつ、きょうの登板を今後の糧にすることを求めた。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

広島カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス