文字サイズ

広島・栗林「必ず勝って帰ろうと…」三者凡退でプロ初登板初セーブ

 9回表に登板し三者凡退で締めくくった栗林(撮影・立川洋一郎)
 9回表に登板して最後を締めくくり、タッチを交わす栗林(右から3人目)ら広島ナイン(撮影・立川洋一郎)
 9回表に登板し、プロ初セーブを挙げた栗林(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島4-1中日」(27日、マツダスタジアム)

 広島のドラフト1位・栗林良吏投手(24)=トヨタ自動車=がプロ初登板初セーブを記録した。

 4-1の九回に登板。先頭の京田を二ゴロ、木下拓を投ゴロに抑え、簡単に2アウトを取ると根尾をフォークで空振り三振に斬って試合を締めた。ガッツポーズして歓喜の輪に入った新人は「必ず勝って帰ろうという気持ちで。もう、お願いしますという感じで入りました」と充実した表情で振り返った。

 球団新人では03年の永川勝浩以来18年ぶりにセーブをマークした右腕は「永川さん以来の抑えなので、ひとつの記録に並べたのはすごくうれしい。ここからが大事だと思うので、自分の投球をしていってチームの勝利に貢献していきたい」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス