文字サイズ

広島ドラ3大道「チームのために投げたい。先発枠こだわりない」理想は斉藤和巳氏

 広島のドラフト3位・大道温貴投手(22)=八戸学院大=がデイリースポーツのインタビューに応じ、世間に対して大きな影響力を与えるインフルエンサーになることを誓った。かつてはプロ野球選手に憧れた野球少年だったと話すイケメン右腕。まずは開幕1軍を目指し、活躍することでファンに夢を与えていく。以下、インタビューその2。

  ◇  ◇

 -理想の投手に元ソフトバンクの斉藤和巳投手を挙げていた。その訳は。

 「マウンドでのしぐさとかオーラとかですね。テレビからでも伝わってくるような」

 -憧れを抱いたのはいつぐらいからか。

 「大学1年生ぐらいからですかね。なのでもう引退されてからだと思います。まずは球がすごいなと思って見ていたが、すごいのは球だけでないということを知りました。フォーム的なところは参考にはするんですが、まねはしたくないタイプなので…。ただ、マウンドでのしぐさとかはまねできるところがある。それはよく見ていましたね」

 -斉藤投手もワインドアップだった。

 「ワインドアップは高校からなので。ずっと小さい頃からやっているので、そこは関係はないですね」

 -ワインドアップでもグローブを頭の後ろまで持っていかずに帽子の前あたりで止めて投げている。その理由は。

 「後ろまで持っていくと癖が出てしまうんです。できるだけ一定なところで止めれば、癖がなくなるので」

 -その癖とは何か。

 「変化球だったら、ちょっと後ろまで振りかぶったり、直球だったら手前で止めたりする投手が多かったりする。できるだけ目安を決めてそこで止めるようにしています」

 -つまりは球種とかを投げ方で見破られないようにするという狙いか。

 「そうです。そういう意味もあります」

 -イケメン右腕としても注目を浴びる。大学時代には快速王子という愛称で呼ばれた。

 「あだ名とかを付けてもらえることに対してはすごくうれしいです。嫌だなと思ったことはないですね」

 -それこそ堂林選手はカープファンには鯉のプリンスと呼ばれている。

 「かっこいいです。練習の時に隣にいらっしゃったんですが、ずっと見ちゃいました(笑)。年とか関係なく、かっこよさがあるなって思いました」

 -目指していきたい投手像は。

 「タイプ的にはいない存在になりたい。具体的には説明しにくいですけど(笑)」

 -唯一無二な存在ということか。

 「そんな感じです」

 -投球の際に気を付けていることは。

 「やっぱり守ってくれている野手の気持ちをしっかり考えてピッチングはしています。僕も野手だったので、しっかり見ながら投球できるような投手になりたい」

 -同期の中で1番早くマウンドに立ちたいという思いは。

 「いずれはみんな立つと思うので、そこは気にしていないです。逆に同期の人たちは一緒に活躍できればいいという感じ。特別な存在です」

 -キャンプでは中継ぎでの起用が続く。先発へのこだわりは。

 「先発がいいからといって枠がいっぱいなところで投げるよりかは、枠がすいているところに食い込んで少しでもチームのために投げていきたい。1軍で投げられるなら、どこでも投げたいという気持ちはある。本当にこだわりはないです」

 -試合に出たいという気持ちの方が強い。

 「はい。最初から先発したいとは言えないですね(笑)」

 -どのマウンドに立ちたいか。

 「甲子園です。高校の時に行きたくても行けなかった。セ・リーグですし、甲子園で早く投げたいです」

 -ルーキーイヤーはどういった1年にしたいか。

 「全てが初めてなので、2年目に生かせるようにしたい。経験とかがこの世界大事だと思う。この1年を無駄にしてはいけないと思いますし、まずは1年目なので、今までやって来たことを1年間やってみる。そこから変えたり、継続したりとかを決めていけたらいいと思う。後ろを向かずに前だけを向いてやっていきたいなと思っています」

 ◆大道 温貴(おおみち・はるき)1999年1月20日生まれ、22歳。埼玉県出身。180センチ、80キロ。右投げ右打ち。投手。背番号12。今季推定年俸1000万円。春日部共栄から八戸学院大を経て、2020年度ドラフト3位で広島入団。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス