文字サイズ

広島・森下 佐藤輝に「打たれちゃいました」も…要所締め3回無失点 シーズン見据える

 力投する森下(撮影・金田祐二)
 1回、右中間へ二塁打を放つ阪神・佐藤輝。投手は広島・森下(撮影・田中太一)
1回、佐藤輝(手前)に二塁打を浴びる森下(撮影・北村雅宏)
3枚

 「練習試合、阪神4-3広島」(21日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座)

 今季初となる対外試合に先発した広島の森下暢仁投手(23)は3回37球を投げ、無失点に抑えた。打者13人に対して被安打は3、四球は0だった。「全球種しっかりと腕を振ることを意識しました」と話した。

 注目の初対決は佐藤輝に軍配が上がった。初回、2死から1学年下のドラ1と対戦。カウント2-2から外角の直球を完璧に捉えられ、右中間を真っ二つに割る二塁打を許した。「しっかりと勝負していくという意識でやったが、打たれちゃいました」と振り返った。

 しかし、ここで崩れないのが右腕の持ち味。4番の陽川をカーブで三振に打ち取り、切り抜けると二回、三回も得点圏に走者を進められながら、しっかりと要所を締めた。

 佐々岡監督は「順調に来ていると思う。さすがだなという投球を見せてくれている。期待は非常に大きい」と絶大な信頼を寄せた。

 森下と佐藤輝の両者は18年の大学日本代表でチームメイトだった。森下は「おとなしい感じのイメージ。打撃練習では飛ばしていた印象があった」と佐藤輝について語り、初対戦を終え、「(背丈が)大きいですし、しっかりと踏み込んでくる。いいバッターだなと思います」と率直な感想を述べた。

 昨季は阪神戦に4試合登板し、3勝0敗、防御率2・25と虎キラーぶりを発揮していた昨季の新人王は「シーズンに入ったらたくさん対戦するような場面が出てくる。工夫しながらやっていきたい」と新戦力のスラッガーに警戒を強めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス