文字サイズ

広島・西川 3・26開幕イケるぞ!昨年11月手術から経過良好 2カ月ぶりティー打撃

 広島の西川龍馬内野手(26)が13日、3月26日の開幕戦に照準を合わせるスタンスを強調した。昨年11月に「右腓骨(ひこつ)筋腱腱鞘形成術」を受け、12日には術後初めてティー打撃を行うなど経過は良好。今後の調整プランは日々の患部の状態を見ながらになるが、全快に向けて着実に準備を整えていく。

 バットを握って自身の感覚と対話できる時間が、新鮮に感じられた。前日12日に術後初のティー打撃を行った西川。新人7選手が合同自主トレを行う大野練習場の隅で、大きな一歩を刻んだ。視線の先にあるのは3月26日の開幕戦。「確実に行く予定でいます。そのために逆算して手術した」と照準を定めた。

 バットを握らず、素振りも行わないもどかしい日々が約2カ月も続いた。12日の練習では、序盤のスタンドティーからトスを上げてもらう通常のティー打撃に切り替えて状態を確認。メスを入れた右足を踏み込んで力強く振り抜く場面もあり、100球近く白球を打ち込んだ。

 だが本人は「バットを振ったことに関しては良かった。技術的なところはまだまだ。上と下(上半身と下半身)もバラバラ。そこはゆっくりやろうかなと思っています」と焦らず本来の姿を取り戻していく構え。「打つ分に関しては今日も大丈夫だった」と患部への不安も和らいでいる。

 今後も状態を見ながらの調整が続く。例年なら鹿児島県徳之島で自主トレを行っている期間でもあり「物足りなさはあるけど、しょうがないと受け止めてやっています」と心境を明かした西川。3月26日、チームの初陣でプレーすることを目指し、歩みを進める。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス