文字サイズ

広島ドラ4・小林 憧れは藤川球児「真っすぐで空振りが取れるのが魅力」

好きな言葉「克己心」を手にする広島ドラフト4位の智弁和歌山・小林(撮影・佐々木彰尚)
(左から)広島・鞘師スカウトとの仮契約交渉を終えた広島ドラフト4位の智弁和歌山・小林樹斗投手、父・英樹さん、母・由紀子さん=和歌山市内のホテル(撮影・佐々木彰尚)
仮契約交渉をする広島4位の智弁和歌山・小林樹斗投手=和歌山市内のホテル(撮影・佐々木彰尚)
3枚

 広島にドラフト4位で指名された小林樹斗投手(17)=智弁和歌山=が16日、和歌山市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金4000万円、年俸500万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。背番号は未定で、後日球団から発表される。

 鞘師担当スカウトらと仮契約を終えた小林は「今日でプロの世界に近づけたので、これからもっとレベルアップしていかないといけないと思いました」と真剣なまなざしで、覚悟を口にした。

 強豪・智弁和歌山で1年春からベンチ入りし、甲子園のマウンドを経験するなど、実績豊富な最速152キロ右腕。憧れは、今季で引退する阪神の絶対的守護神・藤川球児だ。大の阪神ファンである父・英樹さんの影響で、2歳の頃から多いときは年に10回ほど甲子園に通っていたという小林。物心ついたころから、藤川の「火の玉ストレート」に魅了されてきたという。

 「(藤川さんは)真っすぐで空振りが取れるのが魅力。ピッチャーをやっている以上、やっぱり真っすぐで三振、空振りが取れるのは気持ちいいと思う」と最速152キロの直球にさらに磨きをかけていくつもりだ。

 だが、すでに気持ちはカープに向いている。「今はもうしっかり広島ファンです。両親もなってくれると思います」と笑顔を見せた右腕。広島が苦戦してきた「火の玉ストレート」を習得し、次は小林が脅威の右腕になってみせる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス