文字サイズ

広島・大盛、先制三塁打→俊足生かし内野ゴロで生還 1番起用に応える

3回、先制の適時打を放つ広島・大盛=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3回、大盛の適時三塁打で生還し、ナインの出迎えを受ける広島・菊池涼=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3回、田中広の一ゴロで生還する広島・大盛=マツダスタジアム(撮影・立川洋一郎)
3枚

 「広島-ヤクルト」(27日、マツダ)

 広島の大盛穂外野手が躍動し、チームに2点をもたらした。

 4日のヤクルト戦以来の「1番」でスタメン出場すると、0-0の三回1死三塁で左中間を破る先制適時三塁打を放った。「最低限、犠牲フライでも良いという気持ちでいきました。高めに来た所をしっかりつぶす事ができました」

 さらに続く田中広の一ゴロの間(記録は野選)に俊足を飛ばして本塁へ滑り込み、貴重な2点目をもぎ取った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス