文字サイズ

広島が連勝「4」でストップ…先発・野村が六回途中8失点KO 西勇攻略できず

6回、5連続で安打を打たれ途中降板する野村(撮影・立川洋一郎)
6回、5連続で安打を打たれ途中降板する野村(撮影・立川洋一郎)
9回、右飛に倒れ悔しがる広島・鈴木=マツダスタジアム(撮影・高部洋祐)
3枚

 「広島1-9阪神」(8日、マツダスタジアム)

 広島の引き分けを挟んだ連勝が4で止まった。阪神の先発・西勇輝を攻略できず。広島の先発・野村は六回に大量失点を喫し、粘りきれなかった。

 一発で出鼻をくじかれた。初回、先頭の近本に左前打を許した野村は、続く北條に左越えに2号2ランを浴び、先制点を献上。以後、一時は立ち直ったかに見えたが、五回には死球絡みで糸井にタイムリーを打たれた。

 そして六回、サンズとボーアの連続本塁打を浴びると、梅野、小幡にも安打を許し、投手の西勇にタイムリーを打たれた。ここで野村は一岡に交代を命じられたが、その後も阪神打線に得点を重ねられた。

 結局、野村は5回0/3を8失点。打者27人に対し、被安打11。3本塁打を浴びた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス